ドゥカティのための免許取得の旅 13


本当に長い道のりでした。

昨日(11/26)なんとか時間を作って、光明池運転免許試験場に行ってきたんですよ。
そして、やっと念願の大型自動二輪免許を正式に取得致しました~~~!

僕は昔、中型自動二輪免許を取っていたので筆記試験は不要。
実地試験も鳳自動車教習所から「実地試験免除」用紙をを貰っているので不要。

申請と写真撮影だけで交付して頂けるという素敵な仕組み♪

あ、今は「普通自動二輪」と呼ぶそうです。
中型自動二輪という言い方は、昔の人なんだそうで・・・。

今まで「中免」(ちゅうめん)と呼んでいた僕は石器時代の人扱いされますね(汗)

で、話を戻します。

書類の準備をして、申請の受付をすると
「30分後ぐらいに2階の写真撮影室の前に行って下さい」と言われました。

午前中は普通に診療していた僕は、昼食も取らずに光明池へ向かったので
「この30分でお昼にしよう!」と地下1階の食堂でお昼にしました。

食べ終わって、指定時間より5分ほど遅れて写真撮影室の前に移動。
(どうせ何人も並んでいるんだろうと思って、わざと遅刻)

大阪の免許試験場は、門真と光明池の2か所ですが
門真の試験場なら午前中は人に埋もれるくらいの人数だし
午後から行っても、人が50人や100人はウロウロしてる感じですから
光明池の試験場も「どうせ同じだろ~~~」と思っていたんですよ。

しかし、2階の写真撮影室の前にいたのは、怒り気味の撮影の係の人だけ。
他に人が誰もいない状態でした。

館内放送のマイクを使って、何度も「足立さ~~~ん!足立安弘さ~~~~ん!」と
連呼し続けて、疲れたのか呆れたのか、不機嫌な様子の係員さん。

申し訳なく、頭を下げつつ案内して貰って、写真撮影終了。

カップラーメンを待つくらいの時間(3分程度?)で、免許証を交付して貰いました。

普通に考えて、運転免許試験場の午後からの受付枠13:00~15:00が
こんなにガラガラで空いてるはずがない!ってくらいの状況でした。

僕一人のための光明池運転免許試験場。
(いいのやら、悪いのやら)

でも、忙しい社会人のみなさん!
運転免許に関する手続き関係で、1日つぶれる~と憂鬱になってる大阪在住の方は
堺の光明池運転免許試験場の午後からがねらい目です!

僕なんて、予想時間よりも余りに早く終わってしまったため
津久野に戻って、診療しようかと思ったくらいでした。
(しませんけどね~笑)

ドゥカティのための免許取得の旅 12


皆さん、もうすっかりお忘れになっているかも知れませんが
僕はまだ大型自動二輪の免許どころか、教習所の卒検すら受かってないってことを。

が、しかし。

11/10(日)1か月ぶりに鳳自動車教習所へ卒検を受けに行ってきました!

朝7時に起きて、朝食もそこそこに着替えだけ済ませて、7時半には豊中の自宅を出ました。
8時半には堺市の津久野駅に到着。

診療所に置きっぱなしのヘルメットと手袋を持って
(スタッフから「院長、何しにきたの?!」って視線が・・・笑)
9時からの卒業検定試験のために、鳳自動車教習所へ向かいました。

この日、大型自動二輪の卒検を受けるメンバーは6人。
僕の試験を受ける順番は、3番目でした。

検定試験のコースは2種類あるのですが、「今日のコースは1で!」と発表されました。

僕は1か月以上バイクに乗っていないので、前に覚えたつもりのコースもすっかり忘れています。
(コース1とか2とか、そんなレベルじゃないくらいの忘れ方です)

バイクに乗っていないってことは、乗り方や合図の場所も全く思い出せません。
「体が覚えているから大丈夫」なんてことは、僕に限って、絶対にあり得ません!

ただ、僕はついていました。
受験の順番が3番目だということ。
(一人目の人が乗るのをカンニング出来るってことです!笑)

一人目の人が乗っているのを2階から凝視!
まばたきするのを忘れるくらいの凝視!
ストーカーのような凝視!

あまりにガン見しすぎて、一人目の人の検定が終わった時
目が乾いて、ドライアイになったかと思いました(笑)

目をショボショボさせながら、ふと、老人(僕)の隣を見ると
若い子ら(検定メンバー)は余裕があるのか、タバコを吸っていました。

おじいちゃん(僕)は山に芝刈りに行こうか(検定やめて家出しようか)と思うくらい余裕がなく
窓辺にしがみついて、一人目の検定を見ていたというのに・・・。

しかし、何だかんだ言いながら、いざ検定を受けてみたら
特に何事もなく、スムーズに検定終了まで行きました。

僕にしてみれば、「即!検定中止!」と言われなかっただけでも十分です。
例え、減点だらけで検定の再受験となったとしても、
1か月バイクに乗らないで、すんなり合格するはずがないと思ってましたから。

実車の結果発表の時も、僕は諦めモードでした。

が、なんと!合格!ヤッター!

多分、1本橋で減点もあったでしょう。
それ以外にも減点対象がない訳ありませんが、合格点数は発表されません。
(不合格の人だけ点数が告げられるみたいでした)

何点だったか分かりませんが、合格は合格。
僕を知る人たちなら「ええっ?!よく合格しましたね~?!」と驚くと思いますが・・・。

実は、合格して一番驚いてるのは僕だという事実(笑)

ドゥカティのための免許取得の旅 11


今日は昼休みに鳳自動車教習所へ行ってきました。(超久々)
大型自動二輪の卒業検定の予約です。

今週の日曜は学会、来週は愛犬ロットワイラーのアルの件で予定満載。
結局、来月11/3(日)に予約してきました。

卒業検定にはコースが2種類あり、当日にコースが発表されるんですよ。
今のところ、コースは両方とも頭の中に入っているんで、特に心配はしてません。

ただ・・・。

卒検まで3週間近く日にちが空いているんで
僕の体がバイクの乗り方を覚えているか心配で心配で・・・(汗)

前からblogでお伝えしている通りですが
僕の苦手な1本橋でバイクのタイヤが落下した時点で検定中止、即落第。
カーブやS字にあるポール接触でも検定中止、即落第。

何より、1本橋で検定中止だけは絶対に避けたいところです。
ポール接触は、乗り方を忘れてたら可能性大。

え?
1本橋の10秒はクリア出来たのか?って話ですよね?

あれは、10秒以下だと減点になるだけで、10秒以上で通過して満点評価。
要は、橋から落ちなきゃいいんです、落ちなきゃ(笑)

卒業検定は100点満点中、70点が合格ライン。
どこで何点減点されるのか、そこを見極める勝負です!

69点じゃ合格しませんから、70点で合格を目指して頑張るぞ!

           ↑
ものすごく意気込んでいたら、横にいたスタッフからツッコミが・・・。
「院長、この前アルは100点満点中94点合格してませんでしたっけ~?(笑)」

アルは通知表みたいな5段階評価なら「5」
僕は「3」で合格を目指してるんです、シクシク・・・(泣)

はい、こんな飼い主でごめんよ~!アル!(泣)

ドゥカティのための免許取得の旅 10


先週土曜の大型自動二輪免許の実地教習を終え、BMWの販売店に寄って
免許取得するまではバイクを預かってもらう約束もしたので、
少し安心した僕は、帰宅後にBMWのK1200GTのスペックを調べてみました。
(購入後に調べるって、順番が違うってツッコミはなしで・・・笑)

エンジンは横置き直列4気筒タイプ。
僕の購入したK1200GTは2007年仕様なので、クラッチは湿式多版。
前後にABSブレーキ。

これはドゥカティ選びの時と同じで、最低限の条件はクリアしています。
しかも、前灯ランプはキセノンタイプが標準装備なので、かなり明るいと思われます。
(近眼の僕には暗いより明るい方がありがたい)

今まで、日本車のバイクしか知らなかったので、ブレーキや方向指示器の違いにもビックリ。

ブレーキはフロント320mmダブルディスク。
リアは294mmシングルディスクが採用されたEVOブレーキで、
右手のブレーキだけで前後の車輪へ連動してブレーキング。
右足のブレーキは後輪だけのブレーキが作動するようです。

サスペンションについては、フロントにデュオレバーが装備されているとのこと。

方向指示器も日本車は左のスイッチを左右に倒して点灯させるのが普通ですが
BMWは左右で別々の方向指示器がついています。

左ハンドルの外車に乗った時、方向指示器とワイパーを間違えるのと同じくらいの違和感かも(笑)

何より、BMW K1200GTは長距離のツーリング仕様に作られているようで
長時間の運転が快適になるような装備が満載です。

冬の運転が辛くないように、シートヒーターと手のグリップヒーターが標準装備。
当然、ETCも付いています。

後部の左右に大型バッグ、中部にはヘルメットが2個入る大型バッグなど
荷物がどれだけ多くても対応出来そうな収納力です。
多分、日本一周とか簡単に出来るくらいを想像して貰えれば・・・(笑)

そして、今週月曜日にはバイクも購入したことですし、任意保険も加入しておきました。
免許取得さえ済めば、すぐにでも乗れるように準備万端ですよ。

そして、今日。
常勤のドクターに購入したバイクの写真を見せて説明していたら
「それだけ沢山の荷物が入るなら、往診に行けますね~(笑)」
「駐禁も気にしなくて停められるから、往診車に・・・(笑)」

えっ?!BMWで往診に行けと・・・?(汗)

ドゥカティのための免許取得の旅 9


今日のblogは訂正から始めないといけません。

twitterやfacebookをご覧の方は、既にご存知でしょう。

先週の金曜、往診の帰りにたまたま通りがかったBMWバイクディーラー店
エクセルオートに立ち寄ったのが、そもそもの始まりです。

たまたま今日入荷したばかりですというk1200GTを勧められ
断る勇気のない気弱な僕は、自分がまだ免許も持ってないと言う事実も忘れて
サインをしてしまいました・・・・(汗)

本当に、「たまたま」「偶然」が重なっただけなのに
ドゥカティカテゴリーを作った初期の目的を忘れ、BMW購入となりました。

「うわぁ~院長ブログのカテゴリーから変更ですやん(笑)」
「免許も取ってないのに、よく買いましたね~(笑)」
「院長の辞書には断るって単語はないんですか?(笑)」
往診から医院に帰る間、僕をいじるスタッフの声が沢山聞こえた気がしました(汗)

勢いでも何でも、買ってしまったものはしょうがない。

とにかく大型二輪免許の取得をしなければ!と
9/7(土) 2段階の実地教習を2時間乗りに行きました。

免許の取得を1日でも早く出来るように、がんばります。

あ・・・blogのカテゴリーどうしよう・・・?(汗)

ドゥカティのための免許取得の旅 8


先週30日(金)に、ハワイから日本に無事帰国致しました。
(twitterやfacebookを見てる方は既にご存知かと)

で、昨日は帰国後初めての大型自動二輪実地教習へ行ってきました。
2時間連続で予約が取れたので、頑張りましたよ。

そして念願の一段階終了となりました~!

次から二段階に進めるのですが、やっぱり一本橋は8秒程度。
10秒には届かず、減点対象となっております(泣)

スラロームも8秒かかっていて、6秒以内には届かず減点対象(泣)

これだけ減点されてて、一段階終了して良いのでしょうか?(汗)

坂道発進だけは上手くいき、1回でクリア。
これだけを自慢に二段階へ進めさせて頂きます。

二段階は、最低7時間の実地教習が義務です。
僕の場合、補習を3時間受ける前提で、10時間と踏んでいるのですが・・・。

院内のスタッフには「無理でしょ~(笑)」と笑われていますが
僕は10時間で卒検合格出来るでしょうか?

昨日のtwitterで、一段階を終了したのが嬉しくて、つい「ヤッターマン!」とつぶやいたら
出入りの業者さんから「院長、ヤッターマン好きですね~(笑)」と笑いのネタにされました。

言われて確認してみたら、確かに「ヤッターマン」の回数が地味に多かったという事実(笑)

ドゥカティのための免許取得の旅 7


昨日8/20(火)は鳳自動車教習所で、大型二輪免許のための実車教習へ行き
うまく予約が取れたので、2時間連続で乗ってきました。

1時間目はAT(オートマ教習)です。
昔のバイクでは考えられませんが、今の時代はバイクもオートマがあるんですよ。

AT車はSUZUKIのSKYWAVE 650cc。

(教習車ではありません、念の為)

外周を何周かするだけの、簡単教習でした。

2時間目は、いつものHONDA NC700cに乗り換えて実車教習。

(これも教習車ではありません)

2速で8の字運転、右から進入し、途中から左にウインカーを出すのは難なくクリアしました。

続いて、1速に落として、立ったままの姿勢で波状路(でこぼこ道)。
半クラッチで6秒以上かけて波状路を通過し、左に合図を出したまま抜ける。
膝で衝撃を吸収しながら、安定走行するのですが、これもなんとかクリアしました。

抜けたら、そのまま2速に入れてスラロームへ突入。
ノークラッチ、ノーブレーキ、アクセルワークだけを使い、
5秒以内でスラロームを抜け終わったら、1本橋の前で止まる。
(止まると同時にウインカーを消すのですが、消し忘れそうになります)

そして、僕にとっては脅威の1本橋。
1速に入れて、10秒かけて通過。(クリアしてたかは聞かないで下さい・・シクシク)

1本橋通過後、ウインカーを出してS字路線へ戻り
曲線道路を足ブレーキと半クラッチで通過して、スタート地点へ戻ると言う・・・。

走り出す前には、ちゃんと頭で理解していたと思っていましたが
実際に走り出すと、何をしているのか訳のわからないままスタート地点に戻ってきました。

教習所の実車教習って、こんなに大変だとは思いませんでした。

ドゥカティ購入どころか、免許取得で悪戦苦闘。
実車教習じゃなく、ペーパー試験なら一発で通る自信があるのに・・・(泣)

ドゥカティのための免許取得の旅 6


実は先週、8/16(金)鳳自動車教習所へ3週間ぶりに行ってきました。

前回同様、ずっと一本橋の練習だけをさせられました。
大型自動二輪は中型と違い、一本橋を10秒以上かけて渡るのですが
僕には難易度が高く、最高で9秒止まり。

どうすれば10秒になるのか、何が悪いのか、さっぱりわからないまま
教官から「補習確定ね」と念押しされました(泣)

あと何時間補習すればいいのやら・・・シクシク・・・(泣)

とりあえず、明日、実車教習の予約が取れたので、頑張ります。

【余談】
先週、twitterで、この話をつぶやいたら、連動させているfacebookの方に
「補習ですね」とツッコミコメントが入り、よく見たら「補修」になってました(泣)

僕は歯医者なので、予測変換では「補修」が先にあっただけなのになぁ・・・。
   ↑
「間違える院長の自業自得~(笑)」とスタッフに笑われました(泣)

ドゥカティのための免許取得の旅 5


今週7/30(火)に大型二輪の実車教習の予約をしていたのですが、
火曜の出勤予定の常勤ドクターが夏風邪で倒れてしまい、予約をキャンセルしました。

本当ならオートマ教習の時間だったのですが、患者様に迷惑をかけることになりますから
やむなくキャンセルしたのですが、電話口で
「当日キャンセルは、キャンセル料かかりますから~」と、あっさり言われました。

そのまま、次の予約を入れたかったのですが、火曜の診療がバタバタしていたので
昨日、予約の取り直しの電話を入れたら、8/16になってしまいました。

前回の実車教習から、3週間以上バイクに乗れない訳です。

ブツブツ独り言を言っていたら、スタッフに言われました。
「3週間も乗れないなんて、乗り方忘れて、また補習にならなきゃいいですね~(笑)」

ああ・・・不吉な予感・・・。

ドゥカティのための免許取得の旅 4


昨日は、2回目の実地教習に行ってきました。
前回は7/2の教習でしたから、3週間も期間が空きました。

初教習から余りに期間があったので、乗り方を忘れてなければいいな~と思っていましたが、
僕をご存知の方の予想通りの教習をしてきました。

1時間の実車教習なのに、ずっと一本橋の練習のみ。

前回ブログで報告しましたが、10秒かけて、ゆっくり通過しないといけないのですが
どんなに頑張っても10秒には達しません。

授業の最後に計測して貰ったのが、8秒。

教官から「一本橋で時間延長やな~。補習確定な(笑)」と言われました。
世の中、厳しい(泣)

教習のポイントは分かっています。
 ・半クラッチのままで
 ・タンクをふとももで締めて
 ・ブレーキは後輪ブレーキのみ
教官に何度も同じことを言われます。

「そんなことはわかっているんだ~!」と心の中で絶叫し、
(決して教官には言えません)
「はい~」と返事して、バイクを見つめる僕でした。

頭で理解していても、体がついていきません(泣)

次回の教習予約は1週間後。
しかも1時間の乗車のみ。

ああ・・・免許取得すら、道のりは長い・・・シクシク・・・(泣)