3/26 OSI大阪10回例会


①OSI第10回例会が新大阪で2:00~ありました。

 

②下顎でエキスパンジョンする時は皮質骨がかたいので縦切開いれた方がよい。

 

③サイナスした後、腫脹したらペンローズのシリコンドレーンでドレナージする。
平衡して静注セファメジン2gを一週間、内服クラビットを一か月してる先生もいました。

 

④サイナスした時は減張切開してオーバーめに歯茎をホールディングスーチャーする。

 

⑤ブロック移植した時やチタンメッシュした時は露出した時の事を考えて

Bioguideなどを覆っておいた方がベター

 

⑥減張切開でブロック骨移植した時、

GBRした時は2次オペ時に骨膜だけ残してFlapあけて歯肉移植を口蓋側からとって行い、

固有歯肉をインプラントの周りにつくった方がいい。

 

⑦両側臼歯部遊離端欠損の人の時は垂直的顎位だけでなく、

水平的顎位も正しくないと思って、インプラントを入れてプロビ入れてスプリントいれて

一度水平的顎位をみて最終補綴
またはもうひとつの方法として、インプラント前に一度デンチャーなどを入れて

水平的顎位をみてインプラントを理想の位置に埋入していく方法
いろいろ話してました。

補綴設計を考えたインプラントプランニング勉強会


19:00から新大阪のCIVI新大阪研修センターで研修会がありました。
先生は伊藤政策先生と西村好美先生でした。
内容はインプラント総論と開業している2人の先生による症例相談でした。
次回は4/21 19:00からと5/19 19:00からです。