国際口腔インプラント学会 指導医試験(覚書)


2013年6月度のインプラント指導医試験の問題について、忘れないうちにメモしておきます。

国際口腔インプラント学会からクレームが来たら削除しますので
次回の受験を考えているドクターは、印刷やコピーなどで保存して下さい(笑)

出題は全部で7問。

【1問目】 ジルコニアの利点、欠点について

【2問目】 64歳女性、1か月前からアルカリフォスタファーゼ薬を飲んでいる骨粗しょう症の人の抜歯をして
       インプラント埋入するときの注意点について

【3問目】 血小板減少症の血小板数の数値と、
       この症状のある人の代表的な病名と治療薬を3つあげよ

【4問目】 上顎洞底骨が1~3mmの時と、4~6mmの時、
       それぞれのインプラント手術時の診断と注意点について

【5問目】 サイナスリフト時の外科の注意点を2つ述べよ

【6問目】 人工骨補てん材と自家骨補てん材の利点と欠点について

【7問目】 下顎大臼歯部インプラント埋入時の注意点

国際口腔インプラント学会 指導医のための教員講演


2日続けて、本町です。

6/23も国際口腔インプラント学会の指導医のための教育講演で本町御堂会館に行きました。
名古屋大学、非常勤講師の野阪先生と、東大阪の本田先生の「咬合について」の講演でした。
(余談ですが、本田先生には僕の歯の治療をしてもらっています)

あと7時間で、やっと指導医資格取得関連が終わりです。

思い返せば、臨床例の50症例提出の準備から始まり、ハンズオンセミナーや教育公園の受講があり・・・・。
平常通りの診療業務をこなしつつ、ペーパーテストのための受験勉強。

ああ・・・長かった・・・。