アルに会いに行かず・・・


先週の日曜もアルの面会に行かず、服部緑地の乗馬クラブに行ってました。

アルに僕の顔を忘れられるんだろうな~と、少し気が咎めたのですが
子供も乗馬に興味を持ってくれたので、今がチャンスと思い、乗馬レッスンを優先。

日曜に、twitterで「乗り方についてはブログで」と公言してしまったので
嘘つきと言われる前に、乗馬の注意点を記録しておくことにしました。

【乗馬クラブで注意されたこと】

1、馬を引っ張って歩く時
  右手はたずなの根元(馬に近い側)を短く持ち、馬に噛まれないようにするため、馬の口の下へ。
  左手はたずなの先端を持ち、馬の左側で、馬より少し先を歩く。
  (馬より後ろになると蹴られるから)

2、馬に乗る時
  馬の左側から、あぶみ(鞍の足置き)に自分の左足を掛ける。
  馬のお尻を蹴らないよう注意しながら、右足を右側のあぶみに乗せる。

3、あぶみへの足の乗せ方
  つま先から真ん中あたりまで、半分くらい乗せる。
  かかとは下げる。

4、馬に乗ってから
  膝から下(ふくらはぎ)は、馬の腹を挟む。
  (バイクは膝と太ももでタンクを挟むので、乗り方はかなり違います)
  足の位置は、横から見た体の中心線の真下になるよう、真っ直ぐ座る。
  背中を丸めたりせず、姿勢よく座ること。

5、軽速歩(速歩のための練習)
  腰の上下は2拍子で行う。
  (太ももが痙攣するくらいの負荷がかかります)

6、馬への合図
  馬は車じゃないので、1度の合図で気が付かないことも多い。
  何回も合図して、分からせること。

こうやって、まとめてみると、1と6は犬の躾に通じる部分もあって
アルに会いに行かなかったことを、少し後悔してしまいました。