ドゥカティのための免許取得の旅 13


本当に長い道のりでした。

昨日(11/26)なんとか時間を作って、光明池運転免許試験場に行ってきたんですよ。
そして、やっと念願の大型自動二輪免許を正式に取得致しました~~~!

僕は昔、中型自動二輪免許を取っていたので筆記試験は不要。
実地試験も鳳自動車教習所から「実地試験免除」用紙をを貰っているので不要。

申請と写真撮影だけで交付して頂けるという素敵な仕組み♪

あ、今は「普通自動二輪」と呼ぶそうです。
中型自動二輪という言い方は、昔の人なんだそうで・・・。

今まで「中免」(ちゅうめん)と呼んでいた僕は石器時代の人扱いされますね(汗)

で、話を戻します。

書類の準備をして、申請の受付をすると
「30分後ぐらいに2階の写真撮影室の前に行って下さい」と言われました。

午前中は普通に診療していた僕は、昼食も取らずに光明池へ向かったので
「この30分でお昼にしよう!」と地下1階の食堂でお昼にしました。

食べ終わって、指定時間より5分ほど遅れて写真撮影室の前に移動。
(どうせ何人も並んでいるんだろうと思って、わざと遅刻)

大阪の免許試験場は、門真と光明池の2か所ですが
門真の試験場なら午前中は人に埋もれるくらいの人数だし
午後から行っても、人が50人や100人はウロウロしてる感じですから
光明池の試験場も「どうせ同じだろ~~~」と思っていたんですよ。

しかし、2階の写真撮影室の前にいたのは、怒り気味の撮影の係の人だけ。
他に人が誰もいない状態でした。

館内放送のマイクを使って、何度も「足立さ~~~ん!足立安弘さ~~~~ん!」と
連呼し続けて、疲れたのか呆れたのか、不機嫌な様子の係員さん。

申し訳なく、頭を下げつつ案内して貰って、写真撮影終了。

カップラーメンを待つくらいの時間(3分程度?)で、免許証を交付して貰いました。

普通に考えて、運転免許試験場の午後からの受付枠13:00~15:00が
こんなにガラガラで空いてるはずがない!ってくらいの状況でした。

僕一人のための光明池運転免許試験場。
(いいのやら、悪いのやら)

でも、忙しい社会人のみなさん!
運転免許に関する手続き関係で、1日つぶれる~と憂鬱になってる大阪在住の方は
堺の光明池運転免許試験場の午後からがねらい目です!

僕なんて、予想時間よりも余りに早く終わってしまったため
津久野に戻って、診療しようかと思ったくらいでした。
(しませんけどね~笑)