3/7 今日のオペ


3/7(金)の患者様は40代の女性で、上顎無歯顎の方でした。

1か月ほど前、ぐらぐらの歯が5本ほど残っていたので、当院で全て抜歯し、同時に総入れ歯を装着していました。

 

左右の上顎洞までの距離は2mmくらいしかなく、他の歯科医院だったら「無理です。お帰り下さい」と言われるようなケースだと思われます。

しかし。

ここは堺インプラントセンターの腕の見せ所。

 

3/7のインプラント埋入オペの当日に、まず患者様から血液を採取。

遠心分離機に血液をかけ、CGFを作成。

(CGFについての説明は、以前のブログ2/26 今日のオペ参照)

インプラント10本埋入と同時にCGFを左右上顎洞に填入し、その場で仮歯10本分を装着し、無事に終了致しました。

 

 

CGFは骨新成の際に有効な方法だと思います。

感染症のリスクも少なく、既存の骨補填材より拒否反応も少ないので、極度の貧血の方じゃなかったら、お勧め致します。

 

来週も、このような症例の方で、インプラントを10本埋入手術の予定があります。

これで3週間ほど、週1で同じような症例のオペが続くことになりました。

少し大変なんですが、頑張ります!

 

と、ここまで書いて診察をしていたら、今日もインプラントの相談に来られた患者様で同じような症例の方が「じゃあ、そのやり方でお願いします」と、オペを決めて帰られました。

4週間続くことになりました(汗)

 

日本口腔インプラント学会の認定医取得の論文 その5


3/4(火)の勉強会の話が続いてます。すみません。

先週までのブログで、僕が楽をして論文を仕上げたと思われたかも知れません。

事前に師匠にチェックして頂いたり、wordの編集を指導医の先生にお任せしたり・・・。

ひどいヤツだと思わないで下さい。

事前の師匠チェックに持ち込んだ「無駄に長い論文」は、僕が頑張った証ですから。

(規定をちゃんと見てない僕が悪いんですけど・・・汗)

 

で。

僕がやるよりとても早く(100分の1くらいの時間で)編集作業を終わらせて頂いたので、ようやく回りを見る余裕が出来ました。

 

他の受験生の先生方は、複数の指導医の先生に囲まれて、まだまだ編集作業中。

心の中で「僕が優秀だから早く終わったんじゃなく、ズルしたから終わってると思われないかな?」と不安になりました。

僕がドキドキしているのも気付かないくらい、受験生の先生方も指導医の先生方もパソコンに集中されているようだったので少し安心な気分になりましたが。

 

安心したのと同時に、僕のお腹がグ~~~~ッ!となりました。

昼食も夕食も取り損ねていたことをお知らせする時報です。

他の先生方に聞かれてたらどうしよう?!と一瞬焦りましたが、パソコンに集中されているので、僕のお腹の音なんて気にもしてない様子。

ちょっとだけ「ホッ」としました。

 

僕だけ論文が仕上がったからといって、先に帰るなんて失礼なことを僕が言い出せる訳もなく・・・お腹が空いたまま、どうしたらいいのか迷っていました。

 

僕の分の手が離れたことで、受験生2名に指導医5名という素敵な状態になりました。

もし、僕が仕上がってない方の立場だったら、申し訳なくて居たたまれなくて、それだけで帰りたくなると思います。

そう考えたら、お腹が空いたくらい「じっと我慢の子」で耐える方が気が楽です。

 

そんなことを考えていたら、症例の話から色々なケースについて、話が発展していったりしてるようです。

これは聞いている方が絶対に勉強になります。

 

論文のメドが立った時点で「お腹空いたな~」「帰りたいな~」と思った気持ちは、いつの間にか消えてしまい、夜中の1時半まで議論を拝聴してました。

(これでブログが終わるはずありません。修行僧のような苦難はまだ続きます・・・)