4/12 今日のオペ


土曜日の患者様は、40代男性の方。

左上1番と3番部にスウェーデン製アストラティックインプラントOsseospeed TX直径3.5mm長さ11mmを2本埋入しました。

 

高さは十分ありましたが、骨幅が細かったため、新宿インプラントセンターの水口式スプリットクレストの器具を用いて、骨幅を広げてから直径3.5mmのインプラントを埋入しました。

麻酔鎮静もなく、特に問題もなかったので、スムーズに終了しました。

 

 

スプリットクレストの器具を用いて骨幅を広げるようにすると、骨全体に圧が掛かり、骨密度が増します。

特に骨粗しょう症(特に女性)の方は、骨密度が落ちる傾向にあるので、このやり方でしっかりとした骨の厚みを出すことをお勧めしたいです。