5/26 オペ 2症例目(セラソルブとボーンタイト)


2症例目の患者様は40代の女性。

右上5番6番部が欠損の患者様でしたが、CTで確認すると骨の高さが2.6mmくらいしかない方でした。

 

以前、当院で左下に日本製のマイティスアローインプラントを埋入されている患者様でしたので、今日もマイティスアローインプラントを選択しました。

 

骨の高さのない分はソケットリフトを行い、セラソルブ(αーTCP)とボーンタイト(HA)をmixして填入したあと、インプラントを2本埋入。

インプラントのネック部がきっちり収まるべきところに収まり、固定もしっかり出来ました。

特に問題のあるようなケースではなかったので、何事もなく、無事に終了致しました。

 

 

あとは感染がなく、骨が再生されていくことを願い、経過を観察していきます。