ドゥカティのための免許取得の旅 10


先週土曜の大型自動二輪免許の実地教習を終え、BMWの販売店に寄って
免許取得するまではバイクを預かってもらう約束もしたので、
少し安心した僕は、帰宅後にBMWのK1200GTのスペックを調べてみました。
(購入後に調べるって、順番が違うってツッコミはなしで・・・笑)

エンジンは横置き直列4気筒タイプ。
僕の購入したK1200GTは2007年仕様なので、クラッチは湿式多版。
前後にABSブレーキ。

これはドゥカティ選びの時と同じで、最低限の条件はクリアしています。
しかも、前灯ランプはキセノンタイプが標準装備なので、かなり明るいと思われます。
(近眼の僕には暗いより明るい方がありがたい)

今まで、日本車のバイクしか知らなかったので、ブレーキや方向指示器の違いにもビックリ。

ブレーキはフロント320mmダブルディスク。
リアは294mmシングルディスクが採用されたEVOブレーキで、
右手のブレーキだけで前後の車輪へ連動してブレーキング。
右足のブレーキは後輪だけのブレーキが作動するようです。

サスペンションについては、フロントにデュオレバーが装備されているとのこと。

方向指示器も日本車は左のスイッチを左右に倒して点灯させるのが普通ですが
BMWは左右で別々の方向指示器がついています。

左ハンドルの外車に乗った時、方向指示器とワイパーを間違えるのと同じくらいの違和感かも(笑)

何より、BMW K1200GTは長距離のツーリング仕様に作られているようで
長時間の運転が快適になるような装備が満載です。

冬の運転が辛くないように、シートヒーターと手のグリップヒーターが標準装備。
当然、ETCも付いています。

後部の左右に大型バッグ、中部にはヘルメットが2個入る大型バッグなど
荷物がどれだけ多くても対応出来そうな収納力です。
多分、日本一周とか簡単に出来るくらいを想像して貰えれば・・・(笑)

そして、今週月曜日にはバイクも購入したことですし、任意保険も加入しておきました。
免許取得さえ済めば、すぐにでも乗れるように準備万端ですよ。

そして、今日。
常勤のドクターに購入したバイクの写真を見せて説明していたら
「それだけ沢山の荷物が入るなら、往診に行けますね~(笑)」
「駐禁も気にしなくて停められるから、往診車に・・・(笑)」

えっ?!BMWで往診に行けと・・・?(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>