4/26 今日のオペ(マイティスアロー)


まずは1症例目。

一人目の患者様は40代の女性でした。

当院で右下6番部位を4か月前に抜歯された方です。

骨が成熟するのを待って、日本製のマイティスアロー直径3.7mm長さ10mmを1本埋入。

本来なら4.0mmにしたかったのですが、骨幅が若干狭かったので直径3.7mmを選択しました。

鎮静麻酔なしでオペを行いましたが、他の問題は特になく、無事に終了致しました。

 

もう少し上の年代の患者様になると、抜歯後の骨の安定は半年くらいかかる方が多いのですが、さすがに40代は4か月で安定しました。

やはり年齢が少しでも若いということは、骨の成長も予想より期待出来るということです。

勿論、術後の回復やインプラント埋入後の骨へのくっつきの早さなども、少しでも若い方が期待値が高くなりますからね。

 

歯のない状態で長く放置されている方は、少しでも早いうちに手を打たれることをお勧め致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>