7/23 アストラosseospeedTXとサージガイド


今日の患者様は50代の女性。

上顎の左上6番から右上6番まで欠損で、「総入れ歯にだけはしたくない」と仰ってインプラント治療を決められた方です。

 

事前に撮影したCTの画像から、シンプラントというインプラント術前シミュレーションソフトを使って、インプラント埋入のシュミレーションを行いました。

その結果を使って、サージガイドを発注しました。

 

サージガイドというのは歯科インプラント用ドリルガイドで、患者様の骨の上に固定してドリリングするものです。

これを使用すると、シュミレーションした部位に、設計した通りの直径と長さのインプラントを、事前の計算通りに埋入出来るという優れものです。

文字の説明では伝えきる自信がないので、詳しくお知りになりたい方は
シンプラントのHPをご覧下さい。

(上のリンクをクリックすると、リアルな模型のページが開きますのでご注意下さい

 

発注していたサージガイドが到着していたので、まずはドルミカムとプロポフォールで静脈内鎮静をしました。

ドルミカムと比較すると、プロポフォールは短時間で覚醒するので、今日は導入をドルミカムで行い、プロポフォールをメインに使いました。

 

鎮静効果を確認し、歯肉を剥離して、患者様の骨の上にサージガイドを固定。

サージガイドに沿って丁寧にドリリングを行います。

 

次に、シュミレーションして設計した通りのアストラosseospeedTXを8本、均等に順次埋入。

(直径・長さはバラバラだったので、今回は割愛です)

仮歯をセットしてから、アネキセートで覚醒して頂きました。

 

オペ前は2時間を超えるかな?と心配していたのですが、予想より早く、オペ自体は1時間半程度で全て無事に終了致しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>