ケースプレゼンテーション試験当日編(その3)


有楽町駅の反対側、プランタン銀座の隣、ギンザグラッセというビルの7階。

タイ料理のバンコクキッチンというお店に到着した3人。

銀座タイ料理

 

さすが、東京!と言う感じのオシャレなレストラン。

昼食時間ですが、さほど混雑した様子はなく、すぐ席に案内されました。

一応、自分たちの試験は終わっているので、まずはタイの地ビールで乾杯。

 

瓶ビールを1口飲み、周りを見渡すと、このお店は女性客ばかり。

昼間っから乾杯しているような中年男性は、僕らの他に見当たりません。

 

女性ばかりの店内で、若干居心地の悪い状況でしたが、注文も済ませてしまったので、仕方ありません。

なにせ銀座で1450円の食べ放題ランチですから、多少のことは我慢です。

 

え?女性客に囲まれて、我慢はおかしい??

そりゃ、若くて綺麗なアイドルや女優さんに囲まれるのならうれしいですが、ビジネス街から流れてきた一般のOLさんたちですよ?

 

芸能人なら、こちらから声を掛けて記念にサインでも貰いますけど、一般人から

「このおっさんたち、昼間っから乾杯って・・・」

と、冷たい視線を受けながらのランチは居心地悪いですよ。

 

 

 

乾杯も済ませたので、各自が好みの料理をプレートに取りに行き、それぞれ食べ始めました。

 

バイキングなので色々お試しに料理を取ってきたのですが・・・。

正直言って、僕はタイ料理が口に合いませんでした。

(バイキングなので、取った料理は残さず頂きましたが)

 

そこそこお腹が膨れてからは、3人ともビールばかり飲んでいましたから、他の先生たちもタイ料理は得意じゃなかったのかもしれません。

女性客が多いということは、デザートが美味しいお店なのかも知れませんが、最初からビールを飲み始めた僕らはデザートに手をつけることなく食事を終えました。

 

 

僕らは全体の試験終了後に、自分のポスターは各自で剥がす作業が残っているので、お店を出た後、各自解散。

 

僕の宿泊先は山手線で1駅なので、ホテルサンルート新橋に戻りました。

試験終了時間の16時50分に間に合うには、16時半にホテルを出たら良いので、それまで少し横になることにしました。

 

昼間のビール、飲みすぎで酔っ払って寝た訳じゃありませんよ、念の為(笑)

 

ーーー続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>