7/29 オステムインプラント埋入オペ(1症例目)


今日の患者様は60代の女性。

左下6番の欠損で来院され、インプラントを希望されました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを拝見させて頂くと、頬側の骨がかなり吸収されており、

このままインプラントを埋入すると、

インプラントのネジ山を切ってある部分(スレッド)が、

頬側骨から露出するのが予測できたので、補助オペはGBRを行う計画を立てました。

 

骨補填材はセラソルブとボンタイトのMix、チタンメッシュを準備し、

オペは鎮静麻酔なしで開始。

 

歯肉を切開して剥離すると、やはり大きな骨欠損を認めました。

先に、オステムインプラント直径4.0mm長さ10mmを1本埋入。

オステム

続いて、チタンメッシュを用いて、骨充填材を填入。

GBRを施術させて頂きました。

 

4か月後、もう一度歯肉を剥離し、チタンメッシュを除去する予定です。

 

そして、本日は2症例あります。頑張ります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>