12/14 マイティスアローインプラント埋入(2症例目)


本日2症例目の患者様は50代の女性。

左下6番7番部が欠損の方で、「入れ歯はイヤ」とのことで来院されました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認致しましたが、骨幅や骨の高さなどは十分にありましたので

日本製マイティスアローインプラントで埋入計画を立て、

本日のオペとなりました。

マイティスアロー

鎮静麻酔なしで手術開始。

日本製マイティスアローインプラント直径4mm長さ10mmのB4010Sを2本埋入。

 

特に問題もなく、オペは無事に終了致しました。

経過観察をしながら、2か月後には型取りをして、冠をsetする予定です。

 

スムーズなオペの時のオペブログは、本当に書くことがなく

メモ書きのような感じになりがちです。

 

12/14 ストローマンSLActiveインプラント埋入(1症例目)


最近、忙しくてオペブログすら書けていない日が続いています。

忘れた分は華麗にスルーして、覚えている分から再開です(笑)

―――――

本日は2症例あります。

今日の1症例目の患者様は40代の女性。

右下6番部が欠損で、当院に初めて来院されました。

 

インプラントを希望されたので、事前の血液検査を行いましたが問題なし。

インプラント希望の患者様は無料にさせて頂いているCTでの確認も問題なし。

骨幅や骨の高さは十分にありましたので、

この患者様にはストローマンで埋入計画を立てました。

ストローマンボーンレベル

オペの当日、鎮静麻酔なしで開始。

スイス製ストローマンSLActive直径4.8mm長さ10mmのインプラントを1本埋入。

 

オペは特に問題もなく、無事に終了致しました。

2か月後くらいに型取りをし、冠を被せる予定です。

 

 

12/3 マイティスアローインプラント埋入


今日の患者様は40代の男性。

右下5番6番7番、左下6番7番が欠損の状態で来院されました。

 

話を伺うと「抜歯後、入れ歯がイヤで、ずっとほったらかしてた」とのこと。

かなり長い間放置されてたようでした。

 

インプラント治療希望の年齢としては、比較的若い方でしたので

すぐにCTと血液検査を手配しました。

 

血液検査の結果は、特に問題なし。

CTを確認しても、骨量は十分にあるようでしたので

日本製マイティスアローインプラントを5本埋入する計画を立てました。

マイティスアロー

今日のオペは鎮静麻酔なしで開始。

日本製マイティスアローインプラント B4010S 直径4mm長さ10mmを5本埋入。

オペは特に問題もなく、無事に終了致しました。

 

経過観察をしながら、2か月後には型取りをし、冠をセットする予定です。

 

12/2 AQBインプラント埋入


本日の患者様は、60代の女性です。

 

3か月くらい前に初めて来院され、口腔内を確認したところ

下顎の前歯6本だけグラグラで残っており、奥に入れ歯を入れておられましたので

その日、総義歯のための型取りをしました。

 

2回目に来院された時に、歯牙6本を抜歯し、総入れ歯を装着して頂きました。

 

抜歯後の歯茎が安定するまでの3か月間ほど、総入れ歯で我慢して頂き、

3か月経過後、CTと血液検査をしましたが、特に問題はありませんでしたので

CTを確認しながら、下顎に日本製AQBインプラント1回法を6本埋入する計画を立てました。

AQBインプラント

 

そして、今日。

オペは鎮静麻酔なしで開始。

右下3番4番6番と左下3番4番6番に6本のインプラントを埋入し、

固定式の仮歯を装着しました。

オペは何事もなく、無事に終了。

 

仮歯が入ったので、総入れ歯を捨てて頂き、そのまま帰って頂きました。

 

総入れ歯の装着期間が通常手順のインプラント埋入よりも

かなり短くなったはずなので、患者様に喜んで頂けたらいいな~と思いました。

 

成功するインプラント外科マニュアル受講


11/29(日)朝10時から梅田のハービスプラザ6階会議室にて

野阪泰弘先生による「成功するインプラント外科マニュアル」を受講してきました。

DENSPLY講習会1

受講では、豚の頭も使用しての減張切開やナート(縫合)の仕方など

基本的なことから練習する時間がありました。

DENSPLY講習会2DENSPLY講習会3

余りにも基本的なことだったので、少しがっかりした気分もありましたが、

「初心忘れず」という意味で、真面目に受講してきました。

 

ストローマンPartners 会員証


もうかなり前になりますが、ストローマンジャパンの営業さんから

「うちの会社がストローマンパートナーズというサイトを始めるので、

湯川歯科さんも是非、登録をお願いします。」

と言われました。

 

僕はインターネットやパソコンのことは分からないので

スタッフにお願いして、登録してもらうようにして、登録が終われば完了だと思っていました。

だから、この件に関しては全く「終わったもの」扱いになっていたのですが、

忘れた頃に、こんなものが送られてきました。

ストローマンPartners

ものすご~~~い立派なプレートです。

開けた時に「何の表彰?」と思ったくらいに立派なものでした。

 

送付案内をよく見ると「会員証」と書かれてあったのですが、

UPした写真をよく見て頂くと分かるように

写真を撮影してくれたスタッフが写り込むくらいにピカピカのプレート。

 

こんなに立派なものを頂いていいのでしょうか?

 

プレートの中は全部英語なので、何が書いてあるのか分かりませんが、

なんだかものすごく値打ちのあるプレートに見えるので

院内に飾らせて頂こうかと思っております。

 

あ・・・僕でも読める箇所に

「Dr. Masanori Yukawa」

これ、うちの理事長の名前ですよね?

僕の名前じゃなかった・・・orz

 

11/18 アストラテックosseospeedTX(ソケットリフト併用)3症例目


本日のラスト、3症例目の患者様は40代の男性。

右上6番1本欠損で来院された患者様です。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、上顎洞底骨までの距離が4mmほどしかなく、

ソケットリフトの準備が必要なことが分かりました。

 

オペの当日は鎮静麻酔なしで開始。

SCAキットとオステオトーム法を併用してのソケットリフトを行い、

スウェーデン製アストラテックosseospeedTX 4.5ST 9mmを1本埋入しました。

アストラ

オペは特に何事もなく、無事に終了致しました。

経過を観察しながら、4か月後くらいに型取りを行う予定です。

 

11/18 アストラテックosseospeed(ソケットリフト併用)2症例目


本日2症例目の患者様は50代の女性。

左上6番7番部が欠損で初めて来院されました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、左上6番部は上顎洞底骨まで5mmほどで

7番部は3mm程度しかありませんでした。

ソケットリフトが必要と判断し、準備しておきました。

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

SCAキットとオステオトーム法を併用してソケットリフトを行い、

スウェーデン製アストラテックosseospeedTX 4.5ST 9mmを2本埋入。

アストラ

オペは無事に終了致しました。

経過観察で何事もなければ、4か月後くらいに型取りする予定です。

 

11/18 ストローマンSLActive(G.B.Rを併用)1症例目


最近、往診先が増えたことと、ここのところ色々と忙しくしていたので

ずっとオペブログのことを忘れておりました。

 

忘れたオペ分は「いつものこと」と笑って頂いて、気を取り直して

今日のオペ分から再開します(笑)

―――――

 

本日、3症例のオペが予定されていますので、頑張ります。

 

今日1症例目の患者様は50代の女性。

右下5番6番7番、左下4番5番6番7番が欠損の状態で来院されました。

 

口腔内を拝見すると、左上7番部の天然歯がありませんでしたので

右下は5番7番にインプラントを埋入し、5番6番7番のブリッジで、

左下は4番6番にインプラントを埋入し、4番5番6番のブリッジの計画を設計。

患者様に提案させて頂きました。

 

この患者様、左下4番部の残根がありましたので先に抜歯し、

それから2か月ほど期間を空けて頂きました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認しましたが、特に問題はなく、今日のオペを迎えました。

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

残根抜歯後、2か月経過していましたが、頬側骨がかなり吸収されていたため

GBRを併用し、スイス製ストローマンSLActive直径4.1mm長さ10mmを4本埋入しました。

ストローマンボーンレベル

オペは何事もなく、無事に終了。

あとは、経過観察をしながら、2か月後くらいに型取りを予定しています。

 

11/5 ストローマンSLActive埋入(鎮静なし)


先週今週と、2次オペが多く、埋入オペブログがほとんどありませんでした。

遊びのブログだけUPしたので、まるで僕が仕事をしてないかのように見えますが、

安心して下さい、仕事してますよ(笑)

 

―――――――

今日の患者様は40代の女性で、6番7番部の2本欠損の方です。

 

この患者様は以前、当院で右上に2本ストローマンインプラントを埋入された方でしたので、

今回も同じスイス製ストローマンインプラントで設計しようと考えていました。

ストローマン

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、顎堤がかなり狭い状態でしたので、

ストローマンSLActive直径3.3mm長さ10mm2本で設計しました。

 

オペは鎮静なしで開始。

右下6番7番に2本、ストローマンSLActiveを埋入。

特に何事もなく、無事にオペは終了致しました。

 

2本埋入の割に時間はかからなかったので、スタッフから

「えっ?!もう終わったんですか?今日は2本でしたよね???」

と怪訝な顔をされましたが、スムーズに行くときはこんな感じなんです。

 

この患者様は恐らく2か月程度で型取りになる予定です。