3/18 AQBインプラント埋入(3症例目)


3症例目のブログUPを忘れるところでした(笑)

―――――

本日ラスト、3症例目の患者様は40代の男性。

右上4番5番6番の3本が欠損の方でした。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、右上4番部は十分な骨幅や骨の高さが確認出来たのですが、

右上6番部は上顎洞底骨までの厚みが2mmくらいしかありませんでしたので、

補助オペを計算に入れながら、日本製AQBインプラントで設計しました。

AQBインプラント

オペの当日は、最初に、右腕から血液を採取し、遠心分離器にかけてC.G.Fを作成。

そして、鎮静麻酔なしでオペ開始。

まず、サイナスリフトして、側部からC.G.Fを填入。

 

歯槽骨頂からは右上4番6番にドリリングで穴を開けて、

AQB1回法インプラント T4SLを2本埋入。

オペは何ごともなく、無事に終了致しました。

 

この患者様の場合は、4か月後くらいに型取りが出来るかと思いますが、

きっちり経過観察をしていきたいと思っております。

 

3/18 AQBインプラント埋入(2症例目)


本日2症例目の患者様は40代の男性。

右下3番と左下3番しか歯が残ってなく、後は入れ歯を入れておられました。

「入れ歯が嫌になった」とインプラント相談に来られたので、

「まずは血液検査で問題なければ、インプラント治療にしましょう」と話しました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、骨幅や骨の高さは十分ありましたので、

本日のオペとなりました。

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

右下3番と左下3番の歯牙を抜歯し、日本製AQBインプラントを

右下3番4番6番と、左下3番4番6番の合計6本埋入。

AQBインプラント

この患者様には、すぐ仮歯を装着して、オペは無事に終了致しました。

 

経過観察しながら、2か月後くらいに型取りを行い、

右下6番から左下6番までのブリッジの冠をセットする予定です。

 

3/18 AQBインプラント埋入(1症例目)C.G.F使用


今日はなんと!3症例あります。頑張ります!

-----

1症例目の患者様は50代の女性。

左上4番~7番まで4本欠損の方で、インプラント相談に来られた方です。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、左側の上顎洞底骨の幅が2mmくらいしかなく、

補助オペが必要な方だと判断し、AQBインプラントで設計しました。

AQBインプラント

オペは鎮静麻酔なしで開始。

最初に腕からの血液採取を行い、遠心分離器でC.G.F.を作成。

左上4番5番6番に埋入窩をドリリングして穴を開け、C.G.Fを填入。

日本製マイティスアローインプラントを3本埋入しました。

 

オペは何ごともなく、無事に終了。

この患者様の場合、4か月後くらいに型取りを予定しております。

 

しかし、他の歯科医院だとサイナスリフトだけ行い、6ヶ月待ち、

その後、インプラント埋入して4か月待つ、という過程を踏むので

被せ物セット完了まで、最低でも10カ月~11カ月はかかります。

 

当院は、現段階で最短の方法を選択していると思いますし、

自分の血液から作製するC.G.Fを使用するため、感染リスクも少ないです。

 

3/16 ストローマンSLActiveボーンレベルタイプ埋入オペ


今日の患者さまは50代の女性。

左上1番2番が欠損、右上1番と左上3番を土台にしたブリッジが入っている方で、

その土台部分の歯がグラグラと同様した状態で、インプラント相談で来院されました。

 

「入れ歯はイヤなんです」とのことでしたので、

まずは血液検査の結果を見てから、というお話をさせて頂きました。

 

血液検査の結果は問題なし。

CTを確認すると、骨幅や骨の高さは十分にありましたので、

ストローマンSLActiveボーンレベルタイプで設計致しました。

ストローマンボーンレベル

 

当日、オペは鎮静麻酔なしで開始。

まず、右上1番と左上3番を抜歯。

その抜歯部位にスイス製ストローマンインプラントSLActiveボーンレベルタイプ

直径3.3mm長さ12mmを2本埋入しました。

 

抜歯窩とインプラントとの隙間には骨補填材を填入し、吸収性人工膜で覆いました。

 

オペは何事もなく、無事に終了。

経過観察をしながら、4か月後くらいには型取りを予定しております。

 

3/14 マイティスアローインプラント埋入(鎮静なし)


今日の患者様は40代の女性。

左下6番7番が欠損で、「入れ歯はイヤ」とのことで来院されました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、骨幅や骨の高さは問題なく十分にありましたので、

日本製マイティスアローインプラントで設計しました。

マイティスアロー

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

左下6番7番にマイティスアローインプラントB4010Sを2本埋入。

何事もなく、オペは無事に終了致しました。

 

この患者様の場合は2か月後くらいには型取りが出来るかと思います。

 

3/11 ストローマンBLTタイプ(新製品)埋入


今日の患者様は40代の女性。

「入れ歯はイヤ」だということで相談に来られた方です。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、骨幅が少し狭い程度で、骨の高さは十分にある方でした。

ストローマンの新製品で初期固定が更に良くなったBLTタイプで、

直径がやや細めのもので設計しました。

ストローマンBLT

オペは鎮静麻酔なしで開始。

スイス製ストローマンBLTタイプ直径3.3mm長さ10mmを1本埋入。

特に何事もなく、オペは無事に終了しました。

 

ここからは、本日使用したストローマンの新製品BLTタイプの感想です。

表面性状はSLActiveと同じなのですが、インプラントの形状やアバットメントのコネクションも

形が以前のものと比較すると、かなり変わってしまいました。

 

ということは・・・。

今までストローマンインプラントを埋入時に使用していたドリルもBLT用が必要になり、

今までのドリルとは別のタイプのものが必要な訳です。

 

当院では取り扱いインプラントの種類がかなり多く、

同じメーカーで複数のドリルを管理発注しなければならないということは

インプラントの在庫管理する担当スタッフが更に大変になる訳です。

 

やっかいなことになりそうだなあ、またスタッフから怒られそうだなあ・・・。

って、新製品の感想より愚痴になってしまいました(苦笑)

 

3/9 ストローマンSLActive埋入オペ(鎮静なし)


本日の患者様は60代の女性。

他の歯科医院で抜歯をされたようで、左下4番5番6番が欠損状態で来院されました。

以前、他の歯科医院で左下7番部にストローマンインプラントを埋入されたとのことで、

ストローマンをご希望されました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、骨幅が少し狭いようでしたので

7番部と同じスイス製ストローマンSLActiveの直径3.3mmで設計しました。

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

左下4番6番部にストローマンSLActive直径3.3mm長さ10mmを2本埋入。

ストローマンボーンレベル

オペは何事もなく、無事に終了致しました。

 

この患者様の場合は2か月後くらいに型取りの予定をしておりますが、

骨へのひっつき度合などを、じっくり経過観察していこうと思っております。

 

3/3 マイティスアローインプラント埋入(鎮静なし)


今日の患者様は40代の男性。

他の歯科医院で左下を2本抜歯し、「入れ歯はイヤ」とのことで来院された方です。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、骨幅や骨の高さなどは十分ありましたので、

日本製マイティスアローインプラントで設計しました。

マイティスアロー

オペの当日、鎮静麻酔なしで開始。

左下5番6番部にマイティスアローインプラントB4010Sを2本埋入。

特に何事もなく、オペは無事に終了致しました。

 

この患者様は2か月後くらいに型取りが出来るかと思いますので、

十分な経過観察をしていこうと思います。

 

3/2 マイティスアローインプラント埋入ope


今日の患者様は40代の男性。

3か月程前に来院され、左下5番6番が虫歯(C4)の残根があり、抜歯された方です。

(7番部は既に欠損)

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、骨幅や骨の高さは十分にありましたので

日本製のマイティスアローインプラントで設計しました。

マイティスアロー

オペは鎮静麻酔なしで開始。

5番6番7番部にマイティスアローインプラントB4010Sを3本埋入。

特に何事もなく、オペは無事に終了致しました。

 

この患者様は2か月後くらいに型取りが出来るかと思っております。

 

2/24 ストローマンインプラントSLActive埋入(鎮静なし)


もう1つオペブログを書いたはずなのに、と思っていたら

出し忘れてました(笑)

―――――

本日の患者様は60代の女性で、左上1番2番部の欠損で来院されました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、インプラントの長さは8mmであれば埋入出来そうなのですが、

この患者様の顎堤の幅がかなり狭く、通常の手順通りではかなり厳しい感じでした。

 

スイス製ストローマンSLActiveのボーンレベルタイプで設計を考えていたのですが、

直径3.3mmを埋入するにしても、拡大しないと埋入出来そうにありませんでした。

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

顎堤の幅の狭さは、新宿インプラントセンターの水口式拡大装置を使用し、

規定のドリルサイズの直径2.8mmまで拡大しました。

 

その後、ストローマンSLActive直径3.3mm長さ8mmのインプラントを2本埋入。

ストローマンボーンレベル

オペは何事もなく、無事に終了しました。

この患者様は4か月後くらいに型取りを予定しております。