7/7 京都ブログ


毎週火曜は京都の日です。

今週は烏丸から新京極あたりをウロウロしてみました。

 

新京極の商店街は、既に夏祭りの装い。

提灯なんかがぶら下げられていて、見てるだけでウキウキします。

 

新京極商店街

大阪も最近外人さんが歩いているのをよく見かけますが、

京都の方が人数も多いし国籍も多種多様な感じがして、大阪とは違う気がします。

 

が、空き時間が長いので、最近よくお世話になっているネットカフェでお昼寝し、

気力と体力を回復(笑)

夜の雨の京都の風情ある写メが撮れたので、今日は充実感のある京都でした。

京都の夜

ありゃりゃ・・・沢山いたはずの外人さんが撮れてなかった(トホホ)

 

7/5 インビザライン講習会出席(東京珍道中)


7/5(日)家族はまだ誰も起きていない時間、

朝5時半には車に乗り込み、そ~~~~っと自宅を出発。

今日は東京で開催されるインビザライン講習会(マウスピース矯正)です。

 

6時過ぎには新大阪駅に到着。

駅の売店で弁当と缶ビールを購入(車内で睡眠を取るため)

新大阪6時23分発、東京行のぞみに乗車。

弁当を食べ終わる頃には睡魔に襲われ、ほどなく爆睡。

行きの新大阪

気が付くと、新幹線は予定通り8時53分東京駅に到着してました。

僕は慌てて降りて、山手線に乗り継ぎ、神田駅へ向かいました。

 

神田駅を出ると、朝の東京は雨。

駅の前にあるコンビニに傘を買いに入ったのですが、売り切れ。

「運がないな~」と独り言を言いながらも、向かいのローソンで傘を発見したので、即購入。

傘も購入出来たので、歩いて講習会の会場、野村ビルに行くことにしました。

 

テクテク歩いていると、オフィス街のど真ん中で24時間営業の居酒屋を発見。

(右隣には、いきなりステーキ神田店)

24時間の居酒屋なんて、初めて見たので記念にパチリ。

24時間居酒屋

神田駅から徒歩10分ほどで野村ビルに到着。

エレベーターで6階に上がり、講習会会場に着くと、座席は残り少ない状態。

9時半開始のギリギリに来たのが悪かったのか・・・と思った矢先、

1番後ろの席をゲット!!!

これでウトウトしても目立たない!と(笑)

講習受講中

お昼には東京人形町の日本料理の有名店「今半」のお弁当が出ました。

とっても美味しく頂きました!

今半1今半2

で、肝心のインビザラインの講習会は夕方17時15分までありました。

 

講習会が終了し、本来なら神田駅から東京駅に向かい、大阪に帰るところなんですが、

何故か、山手線の東京駅を乗り過ごし、新橋駅に向かっていました。

神田駅新橋駅

新橋駅を降りると、僕の足は勝手に、いつもの焼き鳥屋「鳥広」に向かっていました。

(決して夢遊病者ではありません)

鳥広の前に行くと、なんと休業!!!ぎぇ~~~!ショック・・・。

 

朝、コンビニに傘を買いに行った段階で「ついてないな~」とは思いましたが、

ちょっとだけの寄り道さえ、ついてないということが発覚。

 

泣く泣く新橋から東京駅へ向かい、諦めて新幹線に乗車。

6/30に起きた新幹線火災の後の東京発だったので、

駅で荷物検査をされたりするのかな?と思っていたのですが、特になし。

帰りの新幹線

例の事件は1号車で起きたのですが、僕の指定席は5号車。

もし、万一、類似の模倣犯(?)がいても、5号車なら何とかなるだろ~と

思ったとたんに意識を失くし、ぐっすりと爆睡。

 

目が覚めると、丁度新大阪に無事到着。

いや~生きてるって幸せなことですね~(笑)

 

新大阪駅前の駐車場に停めてあった車に乗り込み、自宅方面に帰ろうとした道沿いに

ワシントンホテルがあったので、いつものチャイナテーブルというレストランで

ラーメンだけ食べることにしました。

ワシントンホテル

ラーメンをすすりながら、日曜だというのに今日も1日長かったな~と。

やっと長い1日が終わったところですが、明日から月曜、1週間の始まりです。

月~金はガッツリ働いて、次の土曜は月に1回の名古屋の矯正の勉強会に出席の予定です。

 

休みのたびに行こうと思っていたスケートも、今週はお預け。

フル稼働している中年おっさんの独り言ブログです。

ーーーーー

【スタッフからのおまけ】

院長はフル稼働の日曜と思っているかも知れませんが、

朝の新幹線で爆睡、講習会中もうたた寝、帰りの新幹線も爆睡・・・

移動で疲れた分の体力は補給しているものと思われます。

関係各所の皆様のご心配には及びません。

 

7/3 オステムインプラント


本日の患者様は50代の男性で、右下4番~7番まで4本欠損の方です。

 

以前、左上にオステムインプラントを4本埋入させて頂きた方でしたので、

今回もオステムで計画させて頂きました。

オステム

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、骨の高さは十分ありましたが、骨幅がやや少なかったので

直径3.5mmを選択することにしました。

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

直径3.5mm長さ10mmのオステムインプラントを3本埋入。

特に問題もなく、オペは無事に終了致しました。

 

2か月後には冠の型取りをする予定です。

 

7/1 インプラントで総入れ歯を固定する方法


今日の患者様は70代の男性で、上が総入れ歯の方です。

上の入れ歯が外れやすく「パカパカするので気持ち悪い」と来院されました。

 

「インプラントの埋入は最小限度にして、入れ歯が外れないようにして欲しい」

というのが、患者様の一番のご希望でした。

よほど気持ち悪かったのでしょうねぇ・・・。

 

まずは、血液検査をして頂き、結果は問題なし。

CTを拝見すると、左右の上顎洞底骨までの厚みは3mm程度でした。

骨造成の補助オペをしなくても、ギリギリいけそうな感じなので

シンプラントでインプラント埋入設計をしサージガイドを発注することにしました。

 

シンプラントはパソコンで埋入計画をするもので、

そこで計画した通りに埋入出来るよう、サージガイドを発注して

ガイドライン通りにインプラントを植立していくんです。

 

詳しくは下のリンクで確認して下さい。

(リアルな模型が出てきますので、注意してご覧ください)

シンプラントのHP(シンプラントとは)
シンプラントのHP(サージガイド)

*僕は今まで「シンプラント」だと思っていたのですが、

ソフトの正式名称は「シムプラント」だそうです。

 

 

シンプラントを使って埋入の設計を考えたのですが

この患者様の年齢を考慮し、インプラントの埋入本数は4本でいくことにしました。

 

埋入された4本のインプラントの上の部分に専用のバーを接続し、

そのバーの間に磁気アタッチメントをセット。

入れ歯の方にも磁石をセットしたものを作製し、

入れ歯の安定剤では考えられないような安定感を得られるように考え、

サージガイドを発注しておきました。

 

今日は、オペ日の直前に到着したサージガイドを使って

スウェーデン製アストラテックosseospeedTX直径4mm長さ11mmを4本埋入。

アストラ

オペは何事もなく無事に終了致しました。

あとは、4か月後ぐらいに新しい入れ歯(磁石付)を作製していく予定です。

 

6/30 京都ブログ


火曜は恒例になった京都ブログです。

お昼は博多の水炊きの名店「華味鳥」の京都店で親子丼を食べました。

華味鳥

食後は京極商店街のインターネットカフェで少しお昼寝。

目覚めた頃には雨が降ってました。

丁度、正面に京都タワーが雨にぼやけて綺麗だったので写メをパチリ。

雨の京都タワー

 

京都の烏丸に19時までいたのですが、某ドクターとお食事の予定があったので

阪急電車で梅田へ向かいました。

阪急梅田駅の2階、中央改札のところにある待ち合わせの定番場所ビックマンで

某ドクターと20時に落ち合いました。

 

衛生士さんとドクターを紹介してくれるという話でしたが、

2名同時、4人で食事かと思いきや、別々の紹介になるとのこと。

 

1人目の紹介してくれる女性ドクターと某ドクターと僕の3人で、

軽くお食事しながら20時~21時まで面談。

2人目の紹介してくれる衛生士さんと某ドクターと僕の3人で、

こちらも軽いお食事をしなから21時~22時まで面談。

 

京都の日は、普段より早く帰れるのですが、某ドクターとの面談アポイントで

結局、この日も夜23時を過ぎての帰宅となりました。

 

今週はスケジュール過密状態で、木曜は別のドクターとのお食事会、

土曜はインプラント関係のお食事会、日曜は東京でのセミナー・・・。

ああ、休みたい・・・(シクシク)

 

6/29 アストラテックosseospeedTX


本日の患者様は40代の男性です。

左下4番5番6番部の3本欠損の方で、

「入れ歯にするのはイヤなんですよ」と来院された方です。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、骨幅が4mmほどしかありませんでした。

 

まず、新宿インプラントセンター水口式の顎堤拡大装置を使用し、骨幅を広げ、

スウェーデン製アストラテックosseospeedTX直径3.5mm長さ11mmを3本埋入。

アストラ

骨の薄くなった部分が破折することもなく、

インプラントのスレッド(溝)も見えることなく、

なんとか無事に埋入出来ました。

 

十分に経過観察をしながら、2か月後に冠の型取りをする予定です。

 

6/28 フェラーリの会開催


6/28(日)の朝8時半に自宅を出発。9時には手土産を購入。

約束の10時に間に合うよう、阪神高速に乗りました。

 

そうです。

今日は往診に行かせて頂いている施設のオーナーのお家にお呼ばれされてるのです。

 

カーナビの住所検索で、ある程度近くまで行きましたが、

オーナーのお宅の近所の地理に詳しくない僕は、パーキングに車を停め、

携帯でオーナーに電話をしたら「どこの駐車場?何が見えてますか?」

駐車場の看板の名前を言ったら、すぐに迎えに来てくれました。

 

そのまますぐにお家に連れて行って頂き、早速車を拝見。

自宅の駐車場に高級外車が2台!!!

AUDI R8GTの写真をパチリ。

次にランボルギーニ ミウラSVJ(通称イオタ)の写真をパチリ。

アウディR8GTランボルギーニ

アウディ             ランボルギーニ

他の車は別の倉庫に駐車してあるということで、アウディR8GTに乗せて頂き移動。

アウディR8GTの中←アウディの中

倉庫までは泉北自動車道に乗って行ったのですが、

その泉北道に乗る直前の赤信号で先頭に止まっていたので、

信号が変わった途端に強烈な加速感が!

一瞬だったのですが、余りの加速度に僕は背もたれに押し付けられたような恰好になりました。

 

「足立先生、この加速どうですか?」とオーナーに聞かれたのですが

「すごい!手すりを持ってないと、すごいGが・・・」と返事するだけで精一杯。

 

「僕はあんまりだと思うんだけどねぇ・・・」とのお返事。

フェラーリや日産GTRの方がもっとすごい加速度とのこと。

「今日は足立先生に、フェラーリと日産GTRのR35型にも乗せてあげるから

もっとすごいGを味わってね(笑)」と笑顔を向けられました。

 

僕、Gに負けてペシャンコにならないか不安になってきました・・・。

 

駐車場に着くと「ここ、全部僕の駐車場なんですよ」とのこと。

え?この広い駐車場全部???

「僕が使ってるとこ以外は、人に貸してるんだけどね(笑)」

ここにある車が全部オーナーのものだったら、それもある意味すごいんですけど。

まあ、とりあえず、次元の違うお話であることには間違いありません。

 

シャッター付の駐車場のうちの1つを開けると、その中には

フェラーリ355とフェラーリ458がありました。(フェラーリ2台ってだけでもスゴイ)

フェラーリ355フェラーリ355の中←フェラーリ355

フェラーリ 458スペチアーレフェラーリ458の中←フェラーリ458

その前には日産GTR35型の前期タイプが置いてありました。

日産GTR35型の前期タイプ日産GTRの中

「今から日産GTRから試乗しましょうか」と声を掛けられ、ドライブへ。

 

車の中で「足立先生はベンツやBMWは興味なさそうですよね~」と言われました。

そんな高級車は身分不相応な気がします。

「スポーツタイプの中では、これ(日産GTR)は案外安いんで、

GTR35型の後期タイプを買ったらいいんじゃないの?」

と言って、専門店(グローバルオート)を紹介してくれました。

 

後でインターネットで調べてみたら、日産GTR35型の後期タイプの価格は1000万円!

NISMOなら2300万円以上!!!

どこが安いのかさっぱりわかりません(泣)

 

僕は200万円のTOYOTAプリウスに乗ってる身分の人間です。

丸っきり違う世界のお話を聞いてるような感じでした。

 

余談ですが・・・

GTRの34型までは「スカイラインGTR」のR33型とかR34型と呼ばれていました。

R35型からは日産GTRという名前に変更され、

普通のスカイラインは乗用車のジャンルになりました。

日産GTRはスピードを追求する専門カー(スポーツタイプ)のジャンルになり、

スカイラインとは別の扱いになるんだそうです。

 

その後、順番に試乗させて頂き、オーナーから

「足立先生、お昼ご飯食べに行きましょうか。何がいいですか?」と聞かれたので

「僕、カレーうどんが食べたいです」と返事しました。

 

二人で日産GTR35型に乗って、うどん屋さんに行ってみたら、たまたま休業日。

隣に見えた丸源ラーメンで、2人一緒にネギ豚骨ラーメン(730円)を食べました。

 

食後のコーヒーにと喫茶店へ誘って貰ったのですが、

僕は午後からアイススケートの練習に行きたかったので

「午後から予定が入ってて・・・」と、ラーメン屋で少し話をして

僕の車の停めてある駐車場まで送って頂きました。

 

丸源ラーメンを出る時、レジの前で

「次回高級なフランス料理でも奢って貰いますので、ここは僕に払わせて下さい!」

と、オーナーの笑いを取って、ラーメン代は僕が払わせて頂きました。

 

午後からのアイススケートの特訓のお話は、また次回にでも・・・。

 

 

6/27 臨床器材研究所にて


6/27(土)20時半から、守口市の臨床器材研究所で集まりがありました。

今回の集まりは、今年の日本口腔インプラント学会専修医試験の合格者3人のためだけです。

 

次の専門医試験の論文提出のためにみんな(合格者3名と川原先生の4人)で集まって、

それぞれの論文を確認したり、修正や変更をしました。

臨床器材にて

僕はパソコン操作が苦手なので、周りのみなさんに多大なるご迷惑をお掛けしましたが、

それでも何とか夜中0時までに終了しました。

(いや、「終了して下さいました」が正しい表現かもしれません)

 

完成した論文は書面提出ではなく、「それぞれメール添付の形で」と

僕には難易度の高い宿題を出されてしまいました(シクシク)

 

週明け、パソコンの出来るスタッフにお願いしよ~っと(笑)

 

日本口腔インプラント学会専修医 認定証到着!!


皆様にご報告させて頂きます!

やっと!やっと!念願の認定証が届きました~~~!

専修医認定証

 

本当に、ここまで長い道のりでした。

パソコン操作に弱い僕を、根気よく指導して下さった指導医の先生方や師匠!

本当にありがとうございました~!

 

次の専門医の試験も、根気よくご指導下さいますよう

何卒お願い申し上げ奉ります~~~~!<(_ _)>

 

 

6/25 ストローマンインプラント(2症例あり)


今日は2症例ありました。

まず、1症例目の患者様は20代の男性で、右下2番部欠損の方です。

インターネットで色々と調べてらっしゃったようで、

スイス製のストローマンインプラント希望で来院されました。

ストローマン

事前の血液検査は問題なし。

CTで確認しましたが、骨幅や骨の高さには特に問題なし。

スイス製ストローマンインプラントのボーンレベルタイプを1本埋入。

(直径3.3mm長さ12mm)

オペは何事もなく、無事に終了致しました。

若い患者様なので、2か月後には型取りが出来るのではないかと思っておりますが、

十分な経過観察をしていきたいと思います。

 

 

続いて、2症例目の患者様は50代の男性で、右上1番が欠損の方です。

こちらも血液検査は問題なし。

CTを確認すると、かなり骨吸収している様子で、

両隣の骨の高さと比べると、欠損部位の骨はかなり凹んでいました。

骨造成の必要性があったので、GBRを計画しました。

 

両隣の歯に合わせてインプラントを埋入し、

スレッドの見えている部分(インプラントの溝の部分)に人工骨(Bioss)を填入して、

チタンメッシュで覆い、縫合しました。

 

4か月後には2次手術を行い、チタンメッシュを取る予定で

経過観察していきたいと思います。