6/14(日)ホワイトニング講習会参加 その1


「今更?」と思われるかも知れませんが、

スタッフと一緒に6/14(日)ホワイトニングに関する講習会に参加してきました。

 

お昼12時からの講習会ということでしたが、

場所が新大阪ということで、少し早目の11時半には新大阪の中央口に到着。

 

新大阪丸ビル別館ということでしたが、僕は発見できず途方に暮れていました。

すると、携帯がピーピー鳴り始めました。

一緒に行く予定のスタッフからの電話です。

 

「足立先生~どこにいるんですかあ~?」

いや、どこって新大阪にいますけど。

「東口に来ないとダメですよ~」

中央改札付近にいた僕は、慌てて東口に向かって走り出しました。

 

東口が見えるところまで行くと、うちのスタッフを発見!

スタッフは先に場所の下見をしてくれていて、東口まで僕を迎えに来てくれました。

 

やっと合流出来たので、2人で仲良く並んで2分ほど歩き、なんとか到着。

記念にビルの写メをパチリ。

ホワイトニング講習会新大阪のビル

「先生、何してるんですかあ~?」

あ、いや、ブログ用に記念写真を・・・(笑)

 

2人で5階の会場に行ってみると、中は女性ばかり。

そうです、今日の講演に集まっているのは、各歯科医院の衛生士の人たちなのです。

 

僕のせいで会場入りするのが少し遅れたので、空席はほとんどありません。

2人分の席が空いていたのは、講演の先生の前の席だけ。

 

「ぎゃあ~!めっちゃ目立つ席だ~!」

これじゃ寝ることも出来やしない! ←不謹慎なやつで、すみません(汗)

 

でも、回りを見ると、美人な衛生士さんばかり♪

(残念ながら、写メはありません)

大人しく最前列に座ることにしました(嬉)

 

そうこうしてるうちに講演が始まり、実演もありました。

講演をしている先生に気付かれないよう、写メをパチリ。

ホワイトニング講習会

この写メを撮っていたら

隣に座っていた、うちのスタッフからの冷たい視線を浴びました(汗)

 

ブログが長くなってきたので、講習会の勉強になったお話は次回に続く。

 

6/13 アストラテックosseospeedTX(鎮静なし)


今日の患者様は50代の女性。

3か月ほど前、右下5番の歯牙破折で抜歯させて頂きました。

元々右下6番は欠損しており、5番6番へのインプラント埋入を計画提案させて頂いた方です。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認してみると、長さ9mmのインプラントなら下歯槽管上底骨まで2mmほどの余裕がありました。

 

鎮静なしでオペ開始。

スウェーデン製アストラテックosseospeedTX4.0mm長さ9mmを2本埋入。

骨の状態もよく、スムーズに施術出来、何事もなく無事に終了致しました。

アストラ

余りにも順調にオペが終了したので、アシストに付いていない他のスタッフから

「もう終わりですか?!」と大きな声で話かけられ

気の弱い僕は、その声にビビッてしまいました(汗)

 

順調に終わるオペは、みんなが思うほど時間もかからずにびっくりされるみたいですが、

本当にスムーズなオペは、いつもこんな感じです。

 

6/13 名古屋の矯正勉強会


夕方17時半の新大阪発、東京行ののぞみに乗車し、

名古屋の矯正の勉強会へ向かいました。

新大阪駅

僕はいつも指定席を取る時、C席を取って貰うようにしています。

A席は3列シートの窓側になるのですが、

トイレなど席を立つ時にB席C席の人に気を使います。

B席はA席C席の人に挟まれ、気を遣うのがイヤ。

 

D席やE席は必ず隣に人が座っています。

 

C席だと、そんなに混んでいない時はB席を空席にしてくれるので

ゆっくり座れる上に、離席する時に気をつわなくて済みます。

 

名古屋まで1時間の乗車なのに、トイレに行く???と思われるかも知れませんが、

行きたくなった時のための、念の為ですよ、念の為(笑)

 

18時半には名古屋駅に到着。

名古屋駅前

ここから歩いて15分ほどで研修センターに到着。

会場の7階までエレベーターに乗り、19時からの講習会に参加。

名古屋の勉強会

マウスピース矯正について、21時までガッツリお勉強しました。

 

帰りは21時半の名古屋発広島行きののぞみを予約してあったので、

駅のホームで発見した「きしめん住吉」で、軽くきつねきしめんを食べ、

ホームのキオスクでひつまぶし弁当を買い、新幹線の中で夕食を取りました。

名古屋のきしめん名古屋のひつまぶし

さすがに、きしめんとひつまぶしでお腹が一杯になったので眠くて眠くて

新大阪駅を乗り過ごすんじゃないかと心配しました(笑)

(乗り過ごして広島まで行ったら、帰りの新幹線はないんで)

 

眠くて仕方がなかったので、どこにも寄り道せず、真っ直ぐ帰宅しましたとさ。

おしまい(笑)

 

 

6/12 アストラテックosseospeedTX


本日の患者様は、60代の男性。

インプラント希望で来院され、口腔内を確認したところ

左上4番~7番までの4本欠損の方で、左下は6番までしか歯がなかったので

左上4番5番6番の3本埋入を提案させて頂きました。

 

事前の血液検査は特に問題なし。

CTを確認すると、上顎洞底骨までの距離が4.0mm程度しかなく、補助オペが必要な方でした。

 

鎮静なしで手術を開始。

ソケットリフトを行い、スウェーデン製アストラテックosseospeedTXの4.5ST9mmを3本埋入。

縫合はいつも使っている吸収性の縫合糸MONOCRYL4.0を使用しました。

アストラ

特に問題もなく、オペは無事に終了致しました。

患者様の年齢を考えると、3~4か月くらいは経過観察をしたいと思っております。

 

6/9 串カツ松葉 撤去命令の日


6/9(火)19時頃、梅田の地下街にある串カツ松葉に行ってきました。

 

関西方面では「大阪市が市の道路を不法占拠しているとして立ち退きを求めている件」として、かなり話題になっていたお店です。

夕方のローカルニュースなどでも取り上げられ、yahooニュースにもなったので

10日の立ち退き期限の前に食べに行こうと思っていました。

 

さすがに立ち退き期限前日とあって、案の定テレビの取材なども来ていましたし、

お客さんも行列が出来るほどに並んでいました。

松葉立ち退き取材

インタビューされたらどうしよう?!と思いつつ、取材の人を携帯カメラでパチリ。

 

戦後のやみ市の時代から60年以上営業してきたお店も、

道路の拡張工事で立ち退きを要求されるのは時代の流れとして致し方ないことだ、

とは思います。

 

まして、立ち退き指令を出している大阪市の市長は橋下市長。

元が弁護士なので、法律に乗っ取った手順で立ち退きを求めているでしょうし、

串カツ松葉が大阪市を相手取って提訴しているみたいですが、

なかなか難しいんじゃないかなあ、と思います。

 

テレビの中継の人たちを横目で見つつ、行列に並んで

そんなことを考えつつ、串カツを6本くらい食べました。

 

折角なので、新梅田食道街にある松葉の総本店の方も覗いてみることにしました。

串カツ松葉総本店

こちらも、退去命令の出ているお店に入れなかった人たちが流れてきたのか、

かなりの賑わいようでした。

 

ここでは串カツ6本ぐらいと冷奴を食べました。

 

食べながら、地下街にある松葉のことを考えていたのですが、

立ち退き命令を無視して営業していけるって、ある意味すごいなと思いました。

 

でも、家賃が年間13~14万円って、月額1万円ちょっと???

たとえ2坪しかないお店だとしても、立地条件を考えたら破格の家賃。

あの店が地下鉄梅田駅の改札横をいうのを考えると、

他の高額家賃を払っているお店とバランスが取れないと思います。

 

橋下市長の味方をする訳ではありませんが、

松葉の総本店もあることだし、名物の味がなくなるという訳ではないので

もう少し穏便に解決に向かって欲しいなあとおもいました。

 

そして、この話をスタッフにしていたところ

「え?院長、同じ日に同じ串カツ屋に連続で入ったんですか?!」と聞かれたので

「同じ店じゃなく、地下街と新梅田食道街ですよ」と返事をしたら

「串カツのハシゴって(笑)」と、余計に呆れられ、話が終了しました。

 

梅田の再開発や他の話がしたかったのに・・・。

僕の行動、おかしいですか?とほほ・・・。

 

6/7 スケート日記


6/7(日)のお昼から、浪花スポーツセンターの地下一階に行きました。

そうです、アイススケートの修行です(笑)

 

前に来た時より人が少ないのか、駐車場にも余裕があり

入口に一番近い場所に駐車することが出来ました。

 

前回は、入場券の購入すら初めてのことで迷いがありましたが、

今回は前回と違い、スケート靴などの道具の準備までの手順はすんなりクリア。

ちなみに、スケート靴のサイズは27cmです。

 

やはり2回目になると、心にも余裕があり、周りを見る余裕があります。

 

コースを1周しながら周りを見ていると、先週来ていたおじいちゃんや子供を何人か発見。

このスケート場の常連さんだと思われます。

 

もし逆に、常連さんが先週の僕を覚えていたら

「お?先週はヨロヨロと滑ってたのに、今週は頑張ってるな~」と思われてるんでしょうねぇ。

 

とりあえず、1時間半ほど練習をして、本日の修行は終了。

先週は翌日に若干の筋肉疲労を感じましたが、今週はマシのはず(笑)

 

次の日曜も練習に来ようと思っております。

当面はアイススケートの修行です(笑)

 

6/4 ノーベルインプラント(鎮静なし)


本日の患者様は60代の女性。

上顎には他の歯科医院でノーベルインプラントを10本埋入されている方で、

左下5番6番7番の欠損部のインプラント治療をご希望で来院されました。

ノーベルバイオケア

事前の血液検査では問題なし。

CTで確認したところ、十分に骨がありましたので補助オペの必要もなし。

通常手順のインプラント埋入オペで大丈夫そうだと判断しました。

 

オペは鎮静なしで開始。

左下5番7番部へノーベルインプラントのテーパードコニカル・コネクション直径4.3mm長さ10mmを2本埋入。

特に問題もなく、オペは無事に終了致しました。

 

この年代の女性の方で、骨粗しょう症の気配もなく、骨の状態も良いというのは

普段から健康に気を使われる方なんだろうなあ、と思いました。

恐らく経過も良いとは思われますが、骨へのひっつきはじっくり観察させて頂きます。

 

6/3 AQBインプラント(鎮静なし)3症例目


夜の3症例目の患者様は40代の男性。

この患者様はグラグラの前歯が3本だけ残っており、

抜歯すると総入れ歯になってしまうので、インプラントを希望し、来院された方です。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、上顎の左右臼歯部は上顎洞底骨まで2mmぐらいという

特に骨の薄い方でした。

 

一般的な治療方法の場合、こういう患者様の時は

前歯の抜歯をして、上の左右臼歯部にサイナスリフトをして、骨補填材を填入。

その際には総入れ歯を使って頂き、6カ月ほど骨が出来上がるのを待って、

インプラントを埋入します。

 

当院の場合は、半年かかる一連の治療をその日のうちに行います。

詳しくは当院のHPを参考にしてください。

http://www.yukawashika-118.com/bone/

 

オペの当日、まず採血を行い、CGFを作製します。

左右の上顎洞にサイナスリフトを行い、CGFを填入し、インプラントを埋入します。

この患者様の場合、日本製AQBインプラントを右臼歯部に3本と

左臼歯部に3本と、前歯部に4本で合計10本植立しました。

AQBインプラント

この時、インプラント埋入と同時に仮歯をセットしました。

その後、4か月ほど待ってから、本物の冠の型取りをします。

 

患者様が男性とはいえ、仮歯のない状態の前歯では、さすがに見た目にも困ると思ったので、

その日のうちに仮歯をセットしてあげることにして良かったと思っております。

 

6/3 アストラテックosseospeed(鎮静なし)2症例目


本日2症例目の患者様は、50代の男性。

左上6番1本が欠損の方でした。

 

血液検査の結果は特に異常なし。

CTを確認すると、上顎洞底骨までの距離が4mmほどしかない方でした。

 

オペは鎮静なしで開始。

オステオトームによりソケットリフトしてから

スウェーデン製アストラテックosseospeed4.5TXを1本埋入。

特に問題もなく、オペはスムーズに終了致しました。

アストラ

この患者様も4か月後くらいを目安に、冠を装着する予定です。

 

夜には3症例目のオペがあることを、さっき知りました。

アポイントをちゃんと見ていなかったので、今から準備して頑張ります!

 

6/3 ストローマンSLActive(鎮静なし)1症例目


今日は2症例ありますが、まず1症例目。

60代の女性で、左上1番2番3番、5番6番7番の6本が欠損の方でした。

「どうしても入れ歯はイヤ」とのことで、インプラント治療になりました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、前歯部の高さは大丈夫でしたが、幅がかなり狭く、

骨幅を拡大する必要がありました。

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

まず、新宿の水口インプラントセンターで行われている水口式スプレッダーで骨幅増大し、

スイス製ストローマンボーンレベルタイプのインプラント直径3.3mm長さ12mmを2本埋入。

ストローマンボーンレベル

左上5番7番部にはストローマンSLAのティッシュレベルタイプのインプラント直径4.1m長さ10mmを2本埋入しました。

 

今回は4本の埋入でしたが、予定通りの時間で何事もなく終了しました。

4か月後には冠を装着する予定で、経過観察していきます。