4/8 ノーベルインプラント(鎮静なし)


本日の患者様は30代の男性。

「ブリッジや入れ歯はイヤ」とのことで来院されました。

 

事前にCTを拝見したところ、骨幅や骨の高さは十分にありましたので、

インプラントをすることになりました。

 

鎮静なしで、ノーベルリプレイス(cc)直径4.3m長さ11.5mmを1本埋入。

手術はスムーズに進み、何事もなく無事に終了しました。

ノーベルバイオケア

ノーベルのリプレイスインプラントは、埋入時に使用するドリルが3種類で良いという

施術者にはとても楽なインプラントです。

 

ノーベルリプレイステーパード(cc)の特徴は、

アバットメント連結部がインターナルコニカルコネクションで

内部にはヘキサゴナル(六角形)インターロッキングがデザインされており、

密着性に優れ、高い機械的強度が期待出来るそうです。

 

上部構造との一体感や安定感が期待出来るインプラントなので、

僕としてはset日が楽しみなインプラントです。

 

4/6 ノーベルインプラント(鎮静なし)


今日の患者様は50代の男性。

右上1番2番と、左上1番~3番が欠損の方でした。

 

この患者様は5年ほど前、当院でスウェーデン製ノーベルインプラントを右上に3本埋入された方です。

今回、同じメーカーが良いと思いましたので、ノーベルのリプレスインプラント(CC)を選択しました。

ノーベルバイオケア

事前にCTで確認したところ、骨幅や骨の高さは十分にありましたので、

ノーベルリプレスインプラントを3本埋入致しました。

 

鎮静なしだったので、特に問題もなく、オペは無事に終了致しました。

「入れ歯を4カ月ほど使っておいて下さいね」と伝え、診察終了となりました。

あとは 4カ月ほど経過観察です。

 

 

4/1 AQBインプラント(鎮静なし)


今日の患者様は60代の男性。

左上4番~7番の4本欠損の方でした。

 

CTを確認すると上顎洞底骨まで4mm程度だったので、サイナスリフトをしてから、

日本製AQBインプラントT4SM(直径4mm長さ8mm)を3本埋入しました。

AQBインプラント

この患者様の骨が軟らかく、ドリリングは一切なしでした。

最初からオステオトーム法の特殊な器具で骨を圧縮しながら骨の高さを増やし、

そのままインプラントを埋入するやり方です。

 

文字で書くとわかりにくいので、下記のサイトのイラストを参考に見て下さい。

インプラントネットーサイナスリフト

 

他に特筆すべき点はなく、オペは何事もなく無事に終了致しました。

 

3/30 アストラテックosseospeedTX(鎮静なし)


本日の患者様は50代の男性で、以前、当院で右下に3本インプラントを埋入された方でした。

今日は左下5番6番7番の欠損部へのインプラント埋入です。

 

左下の欠損部のCTを確認したところ、下歯槽管上底まで近接してましたが

長さ8mmや9mmなら大丈夫そうでしたので

スウェーデン製アストラテックosseospeedTXの9mm1本、8mm2本を埋入しました。

OS画像①

骨幅は少し痩せていましたが、直径4mmを確保出来ました。

鎮静もなく、特に何事もなく無事に終了致しました。

後は、型取りの日を楽しみにして頂くだけです。

 

3/23 AQBインプラント(鎮静なし)2症例目


本日の2症例目は60代の女性の患者様です。

この患者様は、右上4番~7番まで4本の臼歯部欠損でした。

 

右下には4番5番6番の3本しか歯がない方でしたので、咬み合せを考えて

右上4番5番6番へのインプラント植立を考えました。

 

「すぐに仮歯を入れて欲しい」とのことでしたので、

日本製AQBインプラントT4SLを3本埋入し、

その場で白い仮歯3本をセットさせて頂きました。

AQBインプラント

やはり女性の患者様は、奥歯でも仮歯が重要なポイントとなるようです。

 

3/23 マイティスアロー(鎮静なし)


いくつかオペブログを書き忘れてるような気もしますが

全く思い出せないので、覚えている分から再開します(笑)

ーーーーー

3/23は2症例のオペがあり、まずは1症例目から。

以前、右下の奥歯に3本、日本製マイティスアローインプンラトを埋入された患者様です。

マイティスアロー

今日は左下5~7番の欠損部位に、同じマイティスアローインプラントを3本埋入。

骨幅が狭窄していたので、B3710(直径3.7mm長さ10mm)にしました。

 

鎮静もなしで、特に何事もなく、無事に終了致しました。

あとは、経過観察をじっくりしていきたいと思います。

 

3/23 マイティスアロー(鎮静なし)1症例目


本日は2症例あります。

まず1症例目の患者様から。

 

以前、右下に日本製のマイティスアローインプラントを2本埋入された方です。

左下4番~7番まで4本の欠損部へインプラント埋入を希望され、本日オペとなりました。

マイティスアロー

事前にCTで確認すると、顎堤が狭かったので、

マイティスアローB3710S(直径3.7mm長さ10mm)を3本埋入しました。

 

鎮静も必要なかったので、特に何もなく、無事に終了致しました。

 

今日は2症例あるので、1症例目のオペがスムーズに終わって良かったです。

では、夜の2症例目も頑張ってきます。

 

【追記】

2症例目の下書きメモがなくなってしまったので、

もうどの患者様なのかも思い出せません・・・。

しれっとオペブログの割愛宣言しときます。

 

3/18 アストラテックosseospeedTX(鎮静なし)


先週の4症例ほどの書き忘れは綺麗に忘れて頂いて、今週の分から(笑)

ーーーーー

今日は「下の歯がグラグラなので」とインプラントを希望された患者様です。

2か月ほど前に全て抜歯して、総入れ歯をして頂いておりました。

事前のCTと血液検査に問題がなかったので、本日のオペとなりました。

 

この患者様、鎮静なしでアストラテックosseospeedTXを7本埋入。

本数が多いように感じますが、何も特筆すべき点もなく、オペは手早く無事に終了。

OS画像①

直前まで使っておられた総入れ歯の内側をえぐって、

柔らかい材料を裏打ちして、本歯セットまで使って頂くようにお渡ししました。

 

今日の縫合糸は、新大阪の伊藤雄策先生の使っておられるものと同じで、

ETHICONのMONOCRYL(吸収性糸)を使いました。

 

ちなみに、今月は、3月27日に新大阪の伊藤歯科医院へ

上顎サイナスのオペを見学に行く予定になっております。

伊藤先生のオペは勉強になるので、しっかり目に焼き付けてこようと思っています。

 

臨床器材研究所3月の月例会


3/17(火)21時半から夜中の0時まで、守口市の臨床器材研究所で月例会が行われました。

 

今月の議題は、「患者説明に使うツール」でした。

・抜髄する前に患者様に見せるツール

・抜歯する前に患者様に見せるツール

等など、他にも色々なものを見せて頂き、大変勉強になりました。

 

夜中になり、月例会も終わったので「さあ帰ろう!」と思った時、

僕の師匠の川原大先生からお声が掛かりました。

「足立くん、3月28日(土)にまた来いよ」

「あ、はい。分かりました~」と素直に即答。

 

実は・・・

「10月の月例会で発表する用意と、専門医のための論文提出の準備ですね。

川原先生からの御命令ですから、アポも切って参上させて頂きますよ~。」

と心の中でお返事させて頂きました。

 

 

でも、後で考えてみたら、臨床器材研究所の4月の月例会は4月21日(火)の予定。

それまで何回守口に行かなきゃいけなくなるんだろうか・・・・。

とほほ・・・(泣き)

 

と思っていたら、集まりの日時変更のメールが・・・。

どうなりますことやら。

 

堺の風景


今週は忙しすぎて、結局あれからオペブログを書かないまま週末を迎えました。

もう思い出せないので、オペブログは諦めます(苦笑)

 

その代わりと言ってはなんですが、3/13(金)に見かけたお話でも1つ。

ーーーーー

僕は毎週金曜、往診に出掛けております。

往診は荷物も多いので、いつも車で移動するのですが、

移動中の車の窓から見える風景が、普段の往診中とはどこかが違うと思っていたら、

3/13(金)のこの日は、堺市内の公立中学校の卒業式があったようです。

 

何か所かの往診先の移動中に見かけただけなので、どこの中学かは分かりませんが、

親も先生もスーツを着て正装しているのが見えました。

 

「あ~卒業式かあ~・・・」

何気なくつぶやいた次の瞬間、野球場の設備のある大きな公園に差し掛かると、

学生と思われる30人ほどの団体が、色とりどりの特攻服のような服を着て、

応援団の持つような大きな旗を4つくらい掲げて行進していました。

 

「もしかして、これが卒ランって言うやつ???」

堺のあたりから南部にかけての泉州と呼ばれる地域では、

卒業式の日に学ランではなく、卒ランという刺繍入りの服を着る子がいるのです。

 

都会にお住いの方や、平和な田舎にお住まいの方に分かりやすく説明するなら、

「暴走族の特攻服を学ランやセーラー服にアレンジしたもの」って感じでしょうか。

ネットで画像検索して頂くと分かりますが、いわゆる「ド派手な衣装」です。

 

僕が見た限り、少しやんちゃな子が自己アピールのために着ている印象で、

卒ランを着る子が全員ヤンキーという訳でもなさそうです。

 

公園の横の道路にはベンツやフェラーリなどの超高級車やスポーツカーが、

卒業生のものではないにしても、10台ほど駐車してありました。

(これは親御さん?卒業生の先輩たち???)

 

暴走族の特攻服のような刺繍を入れて貰うには、「1文字いくら」のお金がかかります。

普通の学ランではなく、カラーの学ランで、裏地もかなり凝ったものらしいので

卒ランにかけるお金は卒業式1日のためにかける金額ではないくらいになります。

「卒ランを着るような子はお金持ちなのかな?」と思いました。

 

卒ランを着た子が集まっている公園の回りを、

2台のバイクがグルグルと何周も回っていました。

これは恐らく卒業生の先輩なのでしょう。

 

僕は大阪市内の出身で、卒ランの噂は聞いたことありましたが、

自分の回りでは縁がなく生活していたので、初めて見れて良かったです。

 

大阪南部方面で仕事はしていても、卒業式の時間帯は毎年普通に院内で仕事中。

たまたま卒業式の日に往診という、偶然の一致があってのこと。

 

本当は車の中から記念に写メを撮りたかったのですが、

あの中に本物のヤンキーが混じっていたら、携帯を壊されるくらいじゃ済まないので

そっと心の中に焼き付けてきました(笑)

 

 

って、こんなブログを書いていたら、おやじ狩りされないか、

めっちゃ心配になってきました(汗)

 

ーーーーー

「院長は小遣いも少ないし、クレジットカードも持たされてないし、

 襲ったやつらにメリットはないから大丈夫です(笑)」byスタッフ