8/26(土)臨床器材研究所の夏期研修会に参加


 

 

院長ブログ

 

 

新大阪ニューオーサカホテルにて行われた

 

臨床器材研究所の夏期研修会に参加してきました。

 

 

21055115_1453733431388167_2496728064234776226_o

 

広島の上原先生による

 

インプラントデンチャーについての講演が行われました。

 

 

研修会の終了後、

 

同場所にて開催された懇親会にも参加してきました。

 

 

次回の学会等の参加予定は9/22~24に仙台で行われる

 

第47回日本口腔インプラント学会学術大会を予定しております。

 

 

 

8/26(土)スイス製ストローマンインプラント埋入


 

 

インプラントブログ

 

 

2017.08.26_L013  2017.08.26_L014

 

 

【50代 男性】

 

左下2番から右下7番まで欠損しておられ、

 

上顎は右上6番まで歯が確認出来る方でした。

 

 

CT画像を拝見すると十分に骨幅、骨の高さともに確認できましたので

 

インプラント埋入を4本で計画させていただき

 

スイス製ストローマンインプラントスタンダードプラスRNを

 

埋入させていただきました。

 

 

左下欠損部位は本日はご希望ではなかったので

 

右側臼歯部からインプラントを埋入させて頂きましたが

 

今後、左側も進めさせていただく予定をしております。

 

 

二ヵ月後にはアンカードブリッジを装着させて頂く予定で本日は終了致しました。

 

 

8/24(木)マイティスアローインプラント埋入


 

 

インプラントブログ

 

 

2017.04.27_L006  2017.08.24_L007

 

【50代 男性】

 

 

以前、当院で左上7番部にインプラントを埋入させて頂いた既往のある方でした。

 

左上6番がかなり動揺していたので抜歯をし、

 

4ヵ月経過したのでCT画像を拝見させていただきました。

 

 

十分に骨は再生しているようでしたが、

 

上顎洞底骨の厚みは4mmほどしかなかった為、

 

ソケットリフトを併用してオスフェリオンを填入後、

 

日本製マイティスアローインプラントB4008sfを埋入させて頂きました。

 

 

5ヵ月、または6ヵ月後に最終補綴物を装着させて頂く予定で終了致しました。

 

8/23(水)インプラント埋入ブログ


 

 

インプラントブログ

 

 

本日は二症例のオペがございました。

 

 

まずは一症例目からご紹介致します。

 

 

2017.08.23_L002  2017.08.23_L003

 

【50代 男性】

 

 

右上1番が残根状態で、

 

右上2、3番が欠損している方でした。

 

 

CT画像を拝見すると骨の高さは十分にありましたが

 

左上3番部の骨がかなり狭窄しておられました。

 

 

スイス製ストローマンインプラントボーンレベルタイプを二本埋入し

 

左上3番部にはG.B.Rを併用させていただきました。

 

 

5か月後には最終補綴物を装着させて頂く予定で終了致しました。

 

 

 

続いて二症例目をご紹介致します。

 

 

2017.08.23_L011  2017.08.23_L012

 

【50代 男性】

 

 

左下5番、7番が残根状態で6番が欠損している方でした。

 

 

CT画像を拝見すると下歯槽管までの距離は十分にありましたので

 

長さ10mmの日本製マイティスアローインプラントを

 

三本埋入させて頂きました。

 

 

二ヵ月後には最終補綴物を装着する予定で本日は終了致しました。

 

8/19(土)インプラント埋入ブログ


 

 

インプラントブログ

 

 

この日は二症例のオペがございました。

 

そのうちの一症例目をご紹介致します。

 

 

1_2017.06.29_L004  1_2017.08.19_L005

 

左上2番から右上5番まで欠損で

 

右上6番がかなり動揺しておられた方でした。

 

 

左上2番、右上1、3、4、5番にインプラントの埋入を計画。

 

 

右上6番部はかなり上顎洞底が吸収していました。

 

 

すぐに固定性の仮歯を入れて欲しいとご希望があったので

 

日本製マイティスアローインプラントを5本埋入し、

 

左上2番と右上3番にだけアバットメントをたてて、

 

左上2番から右上3番までの仮歯を装着し本日は終了致しました。

 

 

 

続いて二症例目をご紹介致します。

 

 

2_2017.05.02_L003  2_2017.08.19_L004

 

【40代 男性】

 

左上5、6、7番が欠損しておりインプラント希望で来院された方でした。

 

CT画像を拝見すると

 

上顎洞底骨は5mmほどでしたのでソケットリフトを併用。

 

 

オスフェリオンを填入してスイス製ストローマンインプラント

 

スタンダードプラスRNを二本埋入させて頂きました。

 

 

5か月後に最終補綴物の型取りをする予定で本日は終了致しました。

 

 

8/18(金)スイス製ストローマンインプラント埋入


 

 

インプラントブログ

 

 

2017.07.31_L005  2017.08.18_L006

 

【40代 男性】

 

 

こちらは下顎に固定性のブリッジを希望されている

 

下顎総義歯の方でした。

 

 

CT画像を拝見すると、下歯槽管までの距離が10mmほどありましたので

 

長さ8mmのインプラントを選択致しました。

 

 

コンピューターでスイス製ストローマンインプラント

 

スタンダードタイプRNを埋入する設計をし、

 

シンプラントによるサージガイドを併用して6本埋入させて頂きました。

 

 

2か月後にはアンカードブリッジを装着させて頂く予定で終了致しました。

 

 

8/5(土)インプラント埋入ブログ


 

インプラントブログ

 

 

 

この日は三症例のオペがありました。

 

 

そのうちの一症例目からご紹介致します。

 

 

2017.06.10_L001  2017.08.05_L002

 

【50代 男性】

 

 

上顎総義歯の方でした。

 

 

CT画像を拝見すると左右洞底骨は3mmほどしか確認出来ませんでした。

 

 

インプラント埋入希望で

 

すぐに固定式仮歯を入れてほしいとのことでしたので、

 

左右サイナスリフトを併用し日本製AQBインプラントを10本埋入し、

 

即時に仮歯を装着させて頂きました。

 

 

約5か月後に本型取りをさせて頂く予定です。

 

 

 

つづいて二症例目をご紹介致します。

 

 

2017.08.05_L012  2017.08.05_L013

 

【40代 男性】

 

 

左上6番が欠損している方でした。

 

 

CT画像を確認すると上顎洞底骨が6mmほどありましたので、

 

ソケットリフトを併用し、日本製AQBインプラントを一本埋入させて頂きました。

 

 

4か月後に型取りをする予定で終了致しました。

 

 

 

最後に三症例目をご紹介致します。

 

 

2017.06.21_L001  2017.08.05_L002

 

【50代 女性】

 

 

右上の5、6、7番が欠損しておりインプラント希望で来院された方でした。

 

 

CT画像を拝見すると上顎洞底骨が3mmほどしかなかったので

 

サイナスリフトを併用し日本製AQBインプラントを3本埋入させて頂きました。

 

 

5か月後に型取りをする予定で終了致しました。

 

 

7/31(月)スイス製ストローマンインプラント埋入


インプラントブログ

 

2015.12.29_L003  2017.07.31_L005

 

【50代 男性】

 

こちらの患者様は左右1番と右上4、5、6、7番が欠損していましたが

 

右上5、6、7番は必要ないとのことでした。

 

 

CT画像を拝見すると、右上上顎洞底骨かかなり薄かったのですが

 

インプラント埋入部位は骨幅、骨の高さともに十分にありましたので

 

インプラントを埋入させて頂きました。

 

 

左右1番部にスイス製ストローマンインプラントボーンレベルタイプ

 

直径3.3mm、長さ10mmを2本埋入させて頂きました。

 

 

そして、右上4番部にはスイス製ストローマンインプラントスタンダードプラスRN

 

直径4.1mm、長さ8mmを1本埋入させて頂きました。

 

 

4か月後に型取りをする予定で終了致しました。

 

 

7/29(土)スイス製ストローマンインプラント埋入


インプラントブログ

 

2016.07.06_L006  2017.07.29_L007

 

【30代 男性】

 

右上2番がグラグラなので抜歯をして

 

インプラント希望という事で来院された患者様でした。

 

CT画像を拝見すると、骨の高さと幅は十分にありました。

 

 

当日、抜歯をし歯茎を剥離してみると、

 

右上2番部の頬側骨がかなり吸収していたので、

 

スイス製ストローマンインプラント

 

ボーンレベルタイプ直径3.3mmを一本埋入し、

 

G.B.Rを併用して人工骨と人工膜を使用致しました。

 

 

6か月後に型取りをする予定で終了致しました。

 

7/28(金)スイス製ストローマンインプラント埋入


インプラントブログ

 

2017.01.19_L002  2017.07.28_L003

 

左右1番が欠損している方でした。

 

 

6ヶ月前にCT画像を拝見したところ、

 

かなり狭窄している状態でしたのでG.B.Rを施行し、

 

今回インプラントを埋入させていただきました。

 

 

埋入インプラントはスイス製ストローマンインプラント

 

ボーンレベルタイプ直径3.3mm長さ12mmを選択。

 

 

歯茎を剥離するとかなり頬舌側幅が増幅し、

 

硬い骨になっていたので安心して埋入することが出来ました。

 

 

4か月後に型取りをする予定で終了致しました。