新大阪の伊藤歯科医院にてサイナスリフト


7/19(火)今日は14時30分から新大阪の伊藤歯科で当院の患者さまの左上サイナスリフトをしていただきました。

フラップを開けてストレートのハンドピースにラウンドバーをつけて開穴しピエゾを使って剥離して、その後ライビンガー社の剥離子で剥離していました。
その後Bioguideで膜面をカバーしBiossを塡入してBioguideと口蓋をまずジョンソン&ジョンソン社のモノクリル5-0で縫合。
次にFlapの切開線で水平マットレスを3か所ほどして、その上から連続縫合して5時30分に終了。

鎮静法はドルミカムだけでソリタT3を流しながら、三方栓から注入していました。ありがとうございました。

次は9月から始まる7回に及ぶ名古屋S.J.C.D.歯周補綴コースでよろしくお願いします。