今日のオペ


今日の患者様は総入れ歯の方でした。

スイス製の最新インプラント「ストローマン ボーンレベルタイプ」と言うのを6本埋入。
即時仮歯を入れてあげて、今日から食べ物を噛んでもらえるようにしました。

オペの時、いつも私はシンプラントと言う会社のサージガイドを使っていますが
患者様の顎の骨へのフィット感がよく、オペの手際がよくなります。

模型の段階でフィットしても、患者様の骨にフィットしなければ意味ないですからね。

call光レーザー臨床研究会


5月26日(日)call光レーザー臨床研究会の講習会に参加しました。
インプラント歯周炎の対処方法に使用するレーザーについてです。

講習会に参加してFoto Sun630(写真の器材)購入することを決めました。

これを使うと、通常の治療の上に光殺菌(LAD)治療を行うと、「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。
個人差はありますが、これまでの治療方法では除去しきれない細菌を死滅させ、治癒期間の短縮、感染の再発防止に大きく貢献します。

これを導入している他の歯科医院では自費診療として1回1000円~6000円くらいの設定みたいです。
うちの医院ではもっと安価な設定にするのか、無料にしようか、検討中です。

日曜のオペ


麻酔科の田村先生に来て頂き、全身麻酔のオペを2件行いました。

<1症例目>
静脈内鎮静下で眠っていただきました。
サージガイドを使って、スイス製の最新ボーンレベルタイプのストローマンインプラントを6本埋入しました。

<2症例目>
こちらも同じく、静脈内鎮静下で眠っていただきました。
下顎にスェーデン製の最新アストラインプラントを2本埋入しました。

全身麻酔のオペは気を使いますが、専門医の田村先生に来て頂いてるので安心してオペに集中出来ました。