12/18 本日のオペ


今日の患者様は右下に日本製のマイティスアローインプラントを2本埋入しました。

 

右下5番に長さ10mm直径3.3mm

右下6番に長さ8mm直径4.0mmです。

 

骨幅や骨の高さなど、特に問題なしの患者様だったので無事終了。

ただ、少し骨が硬かったため、タップ切りを使いました。

 

骨の硬さが通常から柔らか目の患者様なら、

インプラントの直径や長さに応じたドリルで穴を開けるだけで

すんなりインプラントが入ります。

が、今日の患者様の骨はとても丈夫な方だったので、

インプラントがすんなり埋入しなかったのですが

タップ切りのおかげで入りやすい形の穴にすることが出来ました。

 

こういう判断を一瞬でしないと、オペの時間が長引いたり

患者様の体に負担がかかったりするのです。