12/2 AQBインプラント埋入


本日の患者様は、60代の女性です。

 

3か月くらい前に初めて来院され、口腔内を確認したところ

下顎の前歯6本だけグラグラで残っており、奥に入れ歯を入れておられましたので

その日、総義歯のための型取りをしました。

 

2回目に来院された時に、歯牙6本を抜歯し、総入れ歯を装着して頂きました。

 

抜歯後の歯茎が安定するまでの3か月間ほど、総入れ歯で我慢して頂き、

3か月経過後、CTと血液検査をしましたが、特に問題はありませんでしたので

CTを確認しながら、下顎に日本製AQBインプラント1回法を6本埋入する計画を立てました。

AQBインプラント

 

そして、今日。

オペは鎮静麻酔なしで開始。

右下3番4番6番と左下3番4番6番に6本のインプラントを埋入し、

固定式の仮歯を装着しました。

オペは何事もなく、無事に終了。

 

仮歯が入ったので、総入れ歯を捨てて頂き、そのまま帰って頂きました。

 

総入れ歯の装着期間が通常手順のインプラント埋入よりも

かなり短くなったはずなので、患者様に喜んで頂けたらいいな~と思いました。

 

成功するインプラント外科マニュアル受講


11/29(日)朝10時から梅田のハービスプラザ6階会議室にて

野阪泰弘先生による「成功するインプラント外科マニュアル」を受講してきました。

DENSPLY講習会1

受講では、豚の頭も使用しての減張切開やナート(縫合)の仕方など

基本的なことから練習する時間がありました。

DENSPLY講習会2DENSPLY講習会3

余りにも基本的なことだったので、少しがっかりした気分もありましたが、

「初心忘れず」という意味で、真面目に受講してきました。

 

ストローマンPartners 会員証


もうかなり前になりますが、ストローマンジャパンの営業さんから

「うちの会社がストローマンパートナーズというサイトを始めるので、

湯川歯科さんも是非、登録をお願いします。」

と言われました。

 

僕はインターネットやパソコンのことは分からないので

スタッフにお願いして、登録してもらうようにして、登録が終われば完了だと思っていました。

だから、この件に関しては全く「終わったもの」扱いになっていたのですが、

忘れた頃に、こんなものが送られてきました。

ストローマンPartners

ものすご~~~い立派なプレートです。

開けた時に「何の表彰?」と思ったくらいに立派なものでした。

 

送付案内をよく見ると「会員証」と書かれてあったのですが、

UPした写真をよく見て頂くと分かるように

写真を撮影してくれたスタッフが写り込むくらいにピカピカのプレート。

 

こんなに立派なものを頂いていいのでしょうか?

 

プレートの中は全部英語なので、何が書いてあるのか分かりませんが、

なんだかものすごく値打ちのあるプレートに見えるので

院内に飾らせて頂こうかと思っております。

 

あ・・・僕でも読める箇所に

「Dr. Masanori Yukawa」

これ、うちの理事長の名前ですよね?

僕の名前じゃなかった・・・orz

 

11/18 アストラテックosseospeedTX(ソケットリフト併用)3症例目


本日のラスト、3症例目の患者様は40代の男性。

右上6番1本欠損で来院された患者様です。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、上顎洞底骨までの距離が4mmほどしかなく、

ソケットリフトの準備が必要なことが分かりました。

 

オペの当日は鎮静麻酔なしで開始。

SCAキットとオステオトーム法を併用してのソケットリフトを行い、

スウェーデン製アストラテックosseospeedTX 4.5ST 9mmを1本埋入しました。

アストラ

オペは特に何事もなく、無事に終了致しました。

経過を観察しながら、4か月後くらいに型取りを行う予定です。

 

11/18 アストラテックosseospeed(ソケットリフト併用)2症例目


本日2症例目の患者様は50代の女性。

左上6番7番部が欠損で初めて来院されました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、左上6番部は上顎洞底骨まで5mmほどで

7番部は3mm程度しかありませんでした。

ソケットリフトが必要と判断し、準備しておきました。

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

SCAキットとオステオトーム法を併用してソケットリフトを行い、

スウェーデン製アストラテックosseospeedTX 4.5ST 9mmを2本埋入。

アストラ

オペは無事に終了致しました。

経過観察で何事もなければ、4か月後くらいに型取りする予定です。

 

11/18 ストローマンSLActive(G.B.Rを併用)1症例目


最近、往診先が増えたことと、ここのところ色々と忙しくしていたので

ずっとオペブログのことを忘れておりました。

 

忘れたオペ分は「いつものこと」と笑って頂いて、気を取り直して

今日のオペ分から再開します(笑)

―――――

 

本日、3症例のオペが予定されていますので、頑張ります。

 

今日1症例目の患者様は50代の女性。

右下5番6番7番、左下4番5番6番7番が欠損の状態で来院されました。

 

口腔内を拝見すると、左上7番部の天然歯がありませんでしたので

右下は5番7番にインプラントを埋入し、5番6番7番のブリッジで、

左下は4番6番にインプラントを埋入し、4番5番6番のブリッジの計画を設計。

患者様に提案させて頂きました。

 

この患者様、左下4番部の残根がありましたので先に抜歯し、

それから2か月ほど期間を空けて頂きました。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認しましたが、特に問題はなく、今日のオペを迎えました。

 

オペは鎮静麻酔なしで開始。

残根抜歯後、2か月経過していましたが、頬側骨がかなり吸収されていたため

GBRを併用し、スイス製ストローマンSLActive直径4.1mm長さ10mmを4本埋入しました。

ストローマンボーンレベル

オペは何事もなく、無事に終了。

あとは、経過観察をしながら、2か月後くらいに型取りを予定しています。

 

11/5 ストローマンSLActive埋入(鎮静なし)


先週今週と、2次オペが多く、埋入オペブログがほとんどありませんでした。

遊びのブログだけUPしたので、まるで僕が仕事をしてないかのように見えますが、

安心して下さい、仕事してますよ(笑)

 

―――――――

今日の患者様は40代の女性で、6番7番部の2本欠損の方です。

 

この患者様は以前、当院で右上に2本ストローマンインプラントを埋入された方でしたので、

今回も同じスイス製ストローマンインプラントで設計しようと考えていました。

ストローマン

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、顎堤がかなり狭い状態でしたので、

ストローマンSLActive直径3.3mm長さ10mm2本で設計しました。

 

オペは鎮静なしで開始。

右下6番7番に2本、ストローマンSLActiveを埋入。

特に何事もなく、無事にオペは終了致しました。

 

2本埋入の割に時間はかからなかったので、スタッフから

「えっ?!もう終わったんですか?今日は2本でしたよね???」

と怪訝な顔をされましたが、スムーズに行くときはこんな感じなんです。

 

この患者様は恐らく2か月程度で型取りになる予定です。

 

梅田スカイビル36Fにて


11/1(日)は朝10時から梅田スカイビルで

南昌宏先生のsoft-Tissue Managementというテーマの講演がありました。

南昌宏先生講演会

僕は出席のため、朝9時半には梅田に到着。

スカイビル近くの駐車場で、1日中停めても800円というところを見つけたので

そこに車を預けて、スカイビルまで歩いて行きました。

 

1階の入り口の前には、もう巨大クリスマスツリーの準備がしてありました。

11月1日ですよ?早くないですか?ビックリです(笑)

梅田スカイビル入口

アングルがイマイチでしたが、なんとなく大きいのは伝わりますか?

 

スカイビル36階まで上がると、余りの景色のよさに思わず記念写真をパチリ。

スカイビル36階からの風景

スカイビル36階からの風景3

スカイビル36階からの風景2

 

講演の行われる部屋に入ると、既に座る席が決められていて、

僕の名前を捜すと、一番前の列!!

しかも、講演の先生の目の前じゃないですか!!!

 

なんで僕が?!なんで一番前?!なんで講演の先生の真ん前?!(汗)

本日、朝から2度目のビックリ!でした。

 

席に着きながら、「これじゃあ絶対に寝れないよな・・・・」

心の中でそっとつぶやく僕でした。

 

しかし、講演が始まり、お話の内容はとても大事なことを分かりやすく話て頂いたので、

しっかりとよく聴かせて頂き、質問もさせて頂きました。

(寝てませんよ!本当に!!)

 

このまま午後からの講演の続きを聞きたかったのですが、

いつも日曜に来て貰っている非常勤の先生3人とも急きょお休みということで、

午後からの診療のため、後援会はお昼に退席。

僕は湯川歯科医院(堺インプラントセンター)に戻って、仕事です。

 

折角、用意して貰っていたお昼のお弁当にも手をつけず、

お昼の休憩に入ると同時に、後援会の部屋から出て、堺に向かいました。

 

普段、日曜の診療は非常勤の先生方に任せ、僕は公休を頂いているのですが、

久しぶりに出勤してみたら、ちゃんとアポイントを取った患者様が多くて

本日3回目のビックリ!でした。

 

日曜の診療を任せっきりにして、中々診療に出てこない僕としては

予約が一杯の状態は、本当にありがたいことです。

(なんとなく、日曜は急患が多いのかと思ってましたから)

 

その後、夕方17時まで、しっかり診療し、ゆっくりと帰宅の途につきました。

 

 

体力作りの日


スポーツの秋、10月は体育の日もあることですし、ちょっと運動しようと思って、

10/25(日)は朝から難波にある大阪市立浪速スポーツセンターに行ってきました。

そうです、久しぶりにアイススケートの練習に行ったんです。

 

思いついたのはいいのですが、この日は大阪マラソンの日。

すっかり忘れて難波周辺まで車で行ったら、交通規制で車があふれかえり、大渋滞大混雑。

 

やっとの思いでスポーツセンターにたどり着いたのですが、

最後の練習から既に2~3か月経過していて、全く感覚を忘れておりました。

 

まず、地下のアイススケートリンク内に入った途端、ずるっとコケてしまい

両ひざをしたたかに打ち、涙がちょちょ切れそうになりました。

浪速スポーツセンター

そして、滑り始めてまもなく、後ろにひっくり返り、お尻と両肘を強打。

ひざの時も痛かったのですが、ひじは声も出ない痛さでした(シクシク)

 

浪速スポーツセンターは無料でプロテクターの貸し出しがあるのに、

「まあ、いけるやろ~」と思って借りなかったのが運の尽き。

大変痛い思いをしてから「無料なら借りときゃよかった~」と後悔しました。

 

2時間ほどアイススケートを練習をし、午後から森ノ宮のキューズモールに向かいました。

キューズモールは今年の春にオープンしたのですが、

そこにロッククライミング練習やボルダリングが出来るお店が出来たという話を聞いたので

一度行ってみたいな~と思っていたのです。

 

調べたところ、クライミングバムは10月半ばに改装して、新しい壁になったばかり。

これは行くしかない!と、前の日から思っておりました。

 

多分、院内のスタッフやドクターは「院長、ボルタリングの経験なんかあるの~?」と、

全員が横目でシラ~っと見るかも知れませんが、

実は僕、以前、一度だけボルダリングを遊びでやらせて貰ったことがあったので、

「いけるやろ~」と簡単に考えて、お店に行ってみたのです。

クライミングバム

ところが!!!

これまた久々すぎて、全く感覚を思い出せず、一番簡単な初心者用をクリアしたのみで終了。

運動は、継続してないとダメだということがヒシヒシと分かりました。

クライミングの壁

朝からスケート、昼からちょっとボルダリングをしただけで、体がガチガチになって、

中年のおっちゃんは、年齢には勝てないということを思い知らされ、1日が終了しました。

 

10/24 マイティスアローインプラント埋入(鎮静あり)


今日の患者様は50代の女性。

右下4番5番6番7番の4本欠損の方でした。

 

事前の血液検査は問題なし。

CTを確認すると、右下6番7番部がかなり距離が狭いようでしたので、

インプラントの直径を細めのものを選択して設計しました。

 

手術の際、「是非、鎮静麻酔をお願いします」と希望されていたので、

オペはドルミカムを使用した鎮静麻酔から開始。

 

麻酔の効いた、落ち着いた状態になったのを確認し、歯肉切開。

日本製マイティスアローインプラントB3710を3本埋入。

縫合後、アネキセートで覚醒して頂き、オペは何事もなく無事に終了致しました。

マイティスアロー

経過観察しながら、2か月後くらいには型取りが出来る予定です。