インプラント手術を断られた患者様

湯川歯科では最先端の歯科器材を導入し、当院の歯科医師は常に最新の歯科治療を研鑽しております。他の歯科医院で「骨量が足りない」などの理由でインプラントを断られた患者様も来院されますが、当院では他の歯科医院で難症例と言われた方のオペも多数手掛けて参りました。
湯川歯科で行なっている骨造成手術を紹介致します。

インプラント専門のポータルサイト「インプラントネット」で当院の治療方法が紹介されています。 顎の骨が少ない方のCGF(再生療法)を併用したインプラント治療
治療期間短縮が期待できる親水性の高い新インプラント

ソケットリフト法・サイナスリフト法

上顎の大臼歯の上部(鼻の横、目の下)から奥に向かって、サイナス(上顎洞、別名副鼻腔)という空洞が広がっています。そしてサイナスと上顎骨の間には、シュナイダー膜(上顎洞粘膜)という粘膜があります。
歯を失って長時間経過したり、歯周病で骨が吸収されると、インプラントを埋め込むために必要な骨の量(高さ)が足りなくなり、サイナスまでの距離が短くなります。このような状態で臼歯部にインプラントを埋め込むと、インプラントの一部が骨とシュナイダー膜を突き抜け、サイナスに飛び出してしまうおそれがあります。

安全な状態でインプラントを埋め込むためには、骨の高さを手術に必要な分だけ取り戻さなければなりません。それを実現するのが『ソケットリフト法』と『サイナスリフト法』なのです。

ソケットリフト法

通常のインプラント治療を行なうには骨が足りないという場合でも、シュナイダー膜までの骨の高さが5mm以上残っていれば適用できます。骨を造成できる範囲に制限がありますが、骨移植と同時にインプラントを埋め込むことが可能です。

手術は、歯の生えていた部分、または抜歯窩(ばっしか=抜歯後の歯肉の穴)から行ない、上顎のインプラントを埋め込む穴(歯が生えていた部分)に移植骨を入れ、シュナイダー膜を押し上げることによって、インプラントを埋め込むのに十分な高さまで骨を造成します。骨移植と同時にインプラントを埋め込むので、治療期間はおよそ4ヵ月ほどです。
目視できない状態で手術を行なうので、シュナイダー膜を損傷するリスクがありますが、手術の範囲が狭く、痛みや腫れがほとんどないため、患者様への負担が少なくて済むのが特徴です。
ソケットリフト法

サイナスリフト法

骨の高さが5mm以下のときに適用します。
湯川歯科では、骨補填材の代わりにCGF(再生療法)を使ったサイナスリフト法を行なうことで、骨造成の促進をうながしてインプラント治療期間を短くし、通院回数も少なくなる術式を導入しております。
(但し、患者様の症状により適用は限られます)
一般的なサイナスリフト法と比較してご覧になって下さい。
一般的なサイナスリフト法と湯川歯科のサイナスリフト法の比較 CGF(再生療法)について詳しくはこちら

GBR法=骨誘導再生法

GBR法=骨誘導再生法

歯を失って、ものを噛む刺激が顎の骨に伝わらなくなっていくことで、骨は少しずつ吸収され、痩せていきます。歯を失ってから時間が経過するほど、吸収の度合いは著しくなります。そして、インプラントを埋め込むために必要な骨の高さや厚みが足りなくなると、インプラントを埋め込んだときに貫通してしまうおそれがあります。

安全にインプラントを埋め込むためには、埋め込む際に必要になる骨の高さや厚みを確保しなければなりません。このようなときに行なうのが『GBR法』(Guided Bone Regeneration=骨誘導再生)です。
これは、顎骨の再生を促す歯周組織再生療法で、骨の量を増やす必要があるときに適用されます。

埋め込んだインプラントの露出面に、自家骨(自分の骨)や骨補填材(骨の代わりとなる人工的な材料)を配置します。その上からメンブレン(コラーゲンでできた人工膜)で覆い、チタン製のピンで固定して、骨が再生するまで4~6ヵ月ほど待ちます。インプラントと顎の骨がしっかりと結合したら、人工歯を装着します。

ソケットプリザベーション

『ソケットプリザベーション』は、顎の骨が吸収されるのを防ぐために、抜歯した時点で抜歯窩(ばっしか=抜歯後の歯肉の穴)に人工骨(人工的な材料でつくられた骨)を入れて、骨を再生させる方法です。
歯を失ってから時間が経過するほど、顎の骨は吸収が進行して痩せていき、抜歯窩がふさがっていきます。しかし骨が痩せる前に処置することによって、インプラント治療を行なうときの負担を軽減できます。
 
抜歯後、抜歯窩をていねいに清掃し、そこに人工骨を入れ、メンブレン(コラーゲンでできた人工膜)で覆います。骨が再生されることでインプラントを埋め込みやすくなります。
ソケットプリザベーション

遊離骨移植

遊離骨移植

『遊離骨移植』は自家骨移植の一種で、下顎の骨など自分の骨をブロック状に切り出して移植する方法です。顎の骨が大きく吸収されている場合に適用します。
 
下顎の後ろからブロック状に切り出した骨を、骨量の不足している部分に移植し、チタン製のねじで固定します。4ヵ月ほどで移植した骨が安定して、骨の量を増やせるので、そこにインプラントを埋め込みます。
堺・泉北・泉州などの南大阪方面でインプラントを断られた患者様は
是非、堺市津久野駅前の湯川歯科までお問い合わせ下さい。
DATA
住所
堺市西区津久野町1-4-7
電話番号
072-274-6474
矯正無料相談受付中 | 湯川歯科医院
住所
[月曜〜土曜]
10:00~13:00、14:00~21:00

[日曜]
9:00~13:00、14:00~17:00

[祝日]
10:00~13:00

早朝診療もありますので
お問い合わせください。
住所
なし(年中無休)
Tポイントが貯まる。使える。