多忙な休日


先週の8/23(日)は本来は僕の公休日なのですが・・・。

休みとはいえ、ゆっくりしている時間が全く取れない休日になりました。

 

朝10時から大阪市内の御堂会館にて、国際口腔インプラント学会の教育講演があり、

8時半には自宅を出発しました。

 

講師に保田好隆先生をお招きして

テーマ「補綴治療前の矯正治療について」の講演です。

国際口腔インプラント学会

保田先生は、保田塾という矯正の勉強会を主催されてるそうです。

矯正治療のスペシャリストの元で勉強したいと思った僕は、

その場で入塾を決意しました。

 

お昼にはお弁当とお茶が出ました。

かぐらの弁当

心斎橋かぐらのお弁当は美味しかったので残さず頂き、午後からの講演へ。

 

講演は15時半までありましたが、とても勉強になる内容でしたので、

長いなあ~とは思いませんでした。

(「途中で寝なかったんですか?」というツッコミは無視します・・・笑)

 

その後、天満橋にある大阪歯科大学附属病院周辺に用があり、

いつもは遠くに見える大阪城を横目で見ながら用事を済ませました。

大阪歯科大学附属病院大阪城

夕方17時半ごろから18時くらいまで、OMNの地下街で夕食を済ませ、

その後、19時集合予定の臨床器材研究所に向かうため、車を走らせました。

 

10月に行われる日本口腔インプラント学会100時間コースの中で、

「専修医取得までの流れ」という演目で、

先に合格した先輩の立場で講演をするための練習会です。

講演練習

去年合格した、僕を含めた3人と川原先生とで、夜22時半ごろまで練習しました。

次回は9月17日に練習会の予定です。

 

守口から自宅に戻ったのは、夜の23時。

普段の診療日よりも長時間外出となった休日でした(笑)

 

明日は月曜。

また1週間、仕事に頑張りたいと思います。

 

日本口腔インプラント学会専修医 認定証到着!!


皆様にご報告させて頂きます!

やっと!やっと!念願の認定証が届きました~~~!

専修医認定証

 

本当に、ここまで長い道のりでした。

パソコン操作に弱い僕を、根気よく指導して下さった指導医の先生方や師匠!

本当にありがとうございました~!

 

次の専門医の試験も、根気よくご指導下さいますよう

何卒お願い申し上げ奉ります~~~~!<(_ _)>

 

 

臨床器材研究所にて


5/16(土)仕事が終わったあと、20時から守口市の臨床器材研究所で

日本口腔インプラント学会専門医取得のための提出論文の見直し会がありました。

 

今年度の提出基準を守るように作成したつもりでしたが、

また何か所か修正しないといけないところが見つかったので

もう一度、6月27日に集まって論文のチェックをして貰うことになりました。

safe_image

既に、論文チェックのために集まりがあるのは3回目。

「何回くらい続くんだろ?」と思って、昨年の提出経験者に話を聞いてみたところ

「よし!これで完璧だ!と思って学会事務局に提出した後、

更に2~3回やり直しで事務局から論文が返ってきましたよ」とのこと。

 

いつまでたっても終わらないような気がしてきました(汗)

 

でも、この論文が専門医取得のためには絶対に必要なので、

学会指定の規定の通りになるまでは、一生懸命頑張るしかなさそうです。

 

日本口腔インプラント学会 第34回近畿北陸支部学術大会ー続き


京大附属病院の駐車場に車を停めた僕は、20分ほど歩いて

京大100周年記念時計台ホールへ向かいました。

(この翌日、先日のブログの骨折事件がある訳ですが、骨折前で良かったです)

 

京大100周年記念時計台ホールに到着して、まず最初にやったことは、

ホール手前の受付で出欠カードの提出です。

これがとても重要なんです。

 

日本口腔インプラント学会専門医取得のためには、

〇回以上の学会出席という規定があります。

僕は1度出席回数未達が理由で、専門医の申し込み資格がないことが発覚し、

1年間申し込みが伸びたという経験があります。

学会に行って、大事なお話をちゃんと聞いていたのに、

出席カードを提出しなかったため、出席カウントをして貰っていなかったのです。

 

今回専門医を取得し、次の指導医取得となった時に「学会出席回数が足りませんよ」と言われないために、出席カード提出で「出席アピール」です!(笑)

 

受付が終わった後、専門医講義を受講するためホールに入りました。

席はほとんど空きがなく、前列に若干の空席がある程度。

いつも僕は講義の先生から見て、目立たない席を選ぶのですが、

席が空いてないので諦めました。

 

前から3列目ぐらいを陣取り、「さあ講義だ!」と思ったのは記憶はあるのですが・・・。

気が付くと、講義は終了してました(汗)

席についてすぐ、すっかり爆睡してしまったようです。

(だから目立たない席がよかったのに~シクシク・・・)

 

講義終了後は、これまた重要なことが控えております。

「専門医講座を受けました!」という証明となる出席カードの提出があります。

講義内容を真面目に聞いていたかどうかは関係ありません(笑)

ちゃんと講義に出席したかどうかが重要なのです。

 

出口にある受付で出席カードを手渡し、本日の任務終了です。

後は、さりげなく京大附属病院の駐車場に戻り、ゆっくり大阪へと戻りました。

 

と、ここまで書いて、ふと思いましたが、

「講義を爆睡で聞いていない」ことをブログに書いて大丈夫かな?

関係各所から怒られないかな?と。

まして、病人でもないの京大附属病院の駐車場を使わせて貰った話とか・・・。

不安になって考えていたら、ブログを覗いたスタッフから言われました。

 

「講義中に注意されたり、出席扱い出来ませんと言われたりしてないなら大丈夫でしょ」

「大体、院長は人の話を聞いてないんだから、起きてても寝てても関係ないし(笑)」

 

あ・・・はい・・・。

普段からそういう評価を受けてるんですね、僕(泣き)

 

日本口腔インプラント学会 第34回近畿北陸支部学術大会


僕の骨折事件の直前に学会があってよかったです。

昨日のブログの直前のお話です。

ーーーーー

1/31(土)2/1(日)に、日本口腔インプラント学会の

第34回近畿北陸支部学術大会が、京都大学の百周年時計台記念館でありました。

 

僕は1/31(土)16時半からの専門医教育講座を受講する予定だったので、

仕事を途中で切り上げて、14時半に堺を出発。

車で阪神高速の環状線から東大阪線に入りました。

すると、カーナビから近畿道に入るように指示されました。

 

「あれ?阪神高速から名神。名神から~の京都じゃないのか・・・」

若干の疑問はありましたが、僕は基本的にカーナビ様の言う通りにしますので、

言われるがままに車を運転してみました。

どうやら、鶴見区あたりから新しい道路へ誘導されてるようです。

鶴見区を越え、門真JCTから第2京阪道という新道路に入りました。

 

初めての新しい道は車幅も広く感じましたし、何より車の数が少なく快適に運転出来ました。

多分、分岐点あたりから、僕の感覚では10分程度で京都へ到着。

車内で「この道はすごい便利だ~!」と独り言を言ってしまうほど(笑)

 

高速を降りた段階で、時間は15時半。

予想外に早く着いたのですが、念の為に京大へ向かうことにしました。

 

大阪、堺を出発する時には普通に晴れていたのですが、京都は大雪。

1時間ちょっとの距離なのに、すごいギャップで驚きました。

雪の運転しにくい道を、気を使いながら運転して京大付近に到着。

 

天候のせいなのか、学会参加者の多さのせいなのか、30分以上探し回っても、

京大近辺には空いてる駐車場がありません。

知らない土地で路上駐車をする勇気のない僕は、京大附属病院の駐車場に向かいました。

 

 

 

 

はい、そうです。

京大付属病院の患者のようなフリをして、駐車させて頂くことにしたのです。

 

これを見た関係各所の皆様、「なんてひどいやつだ!」とか思わないで下さい(汗)

京都大学1

 

ー続く

 

 

ケースプレゼンテーション試験当日編(その8)


携帯に来たメールは一緒に受験したドクターからでした。

「今、2人一緒にいるんですが、東京駅周辺で夕食しませんか?」

 

僕は新橋にホテルを予約したのですが、2人のドクターは東京駅周辺のホテルに宿泊しています。

山手線で「新橋ー有楽町ー東京駅」の並びですから、試験会場の東京国際フォーラムがある有楽町には、どちらからも同じ1駅。

 

でも、東京駅周辺はビジネスホテルでもランクが上のホテルになり、料金が少し高いんです。

(僕の金銭感覚では泊まれないような豪華ホテルのイメージ)

新橋付近はサラリーマンの味方の街ですから、同じ1駅なのにお得感あるホテルが沢山あります。

 

東京駅まで2駅ですから、ホテルを出たら10分ほどで着きますが、焼き鳥屋で軽く食べてしまったので、「食事」というほどお腹が減ってる訳でもありません。

「僕は食べたので、食事が終わったらメールまた下さい」と返信。

(駅前の焼き鳥屋で2人のドクターを誘おうと思ってたことすら、すっかり忘れておりました)

 

しばらくホテルでTVを見ながら連絡待ちしていたのですが、2人のドクターから中々連絡がありません。

 

一人でTVを見る以外に時間の潰し方もなくボーっと待っていましたが、小腹も空いてきたので、サンルート新橋の2Fにある喫茶ルノアールに行きました。

夜食safe_image942W6QOF

一人寂しくアイスコーヒーとトーストで夜食を済ませ、部屋に戻りました。

 

結局、夜中に2人のドクターからメールがあり

「食事の後、2人でタイ式マッサージに行って連絡が遅くなりました。すみません」

 

ええっ?!

 

タイ式マッサージなんて僕は行ったことがないので一緒に行ってみたかったし、「2人だけでズルい!」というスネた気持ちもあったので、寝てたことにして返信しないことにしました。

 

が、「寝たことにして」ではなく、メールを見た直後、携帯を右手に持ったまま、本当にすぐ寝落ちていたのはご愛嬌ってことで(笑)

 

ーーー続く

 

ケースプレゼンテーション試験当日編(その7)


結局、なんだかんだで新橋駅前の焼き鳥屋で1時間ほど一人で飲んでいました。

 

普段、スタッフから「食に無頓着」と言われる僕ですが、さすがに焼き鳥2日間連続の夕飯では・・・。

新橋焼き鳥2

ふと、魚などの和食系が食べたくなり、2軒目のお店探しと同時に新橋の探索へと焼き鳥屋から旅立ちました。

 

学生時代には頻繁に訪れた新橋界隈。

20年たてば、知ってる店も少なくなっているし、以前通った店の後に見たことない新しい店が出来てたりしてるのが珍しく、他の受験ドクター仲間2名が一緒じゃないのもあって、一人でかなりウロウロしていました。

 

今から考えると、酔っ払ってフラフラ歩き回る中年おっさんなので、不審者通報されなくてよかった(笑)

 

僕が入れそうな和食の割烹も見当たらず、少し歩きすぎたのか、疲れてきたのでホテルに戻ることにしました。

 

探索していたら丁度サンルート新橋付近だったのでホテルに戻り、ちょっとだけ横になってTVを見るつもりが、またまた爆睡。

昼間のビールが完全に抜けていなかったのか、焼き鳥屋のレモンサワーが迎え酒になったようです。

 

携帯のメール着信音で目覚めた僕は「ここはどこ?!」状態。

日本口腔インプラント学会認定医のケースプレゼンテーション試験を受けるために東京入りし、ホテルに宿泊してることを忘れてプチパニック状態でしたが、つけっぱなしのTVを見てるうちに思い出せたという(汗)

 

若年性健忘症の疑い???

いや、若くないので本気の健忘症ですね(泣き)

 

ーーー続く

 

ケースプレゼンテーション試験当日編(その6)


新橋駅前の焼き鳥屋の中を見渡しましたが、さほど混雑していない様子。

とりあえず、お店のメニューを見て、レモンサワーと焼き鳥とエシャロットを頼みました。

 

さっきのお店のお姉さんが微笑みながら

「関西の人がレモンサワーって注文するのは珍しいですね~」

と、話しかけてくれて、気が付きました。

 

僕が大阪の居酒屋で注文する時は「チューハイレモン」と言います。

東京に来た時は自然に「レモンサワー」と注文してしまいます。

なんでだろ? ←テツ&トモみたいな自問自答(笑)

 

新橋焼き鳥

以前、TVのケンミンSHOWか何かでやっていたそうですが、東京ではレモンサワー、大阪ではチューハイレモンと言うそうです。

東京在住の大阪人は「チューハイレモン」が通用しないことに愕然とするそうです。

大阪人は基本的に「大阪の文化は全国区」と思っているので、大阪の常識が通じないなんて考えられないんですよ。

 

でも、僕は東京在住歴7年(大学時代)の間、何も抵抗なく「レモンサワー」と注文していました。

感化されやすい体質なのかもしれません(苦笑)

 

あ、ちなみに、日本大学松戸歯学部は7年制ではありませんので、念の為(笑)

何故7年在住なのかは、問い詰めない方向でお願いします<(_ _)>

 

ーーー続く

 

ケースプレゼンテーション試験当日編(その5)


有楽町の駅で解散した僕は、また新橋に戻りました。

おっと、ここで忘れちゃいけないことを思い出しました!

 

大阪の自宅を出発する前、嫁から頼まれていたものを。

「東京に行くんだったら、小川軒のレーズンウィッチ買ってきて」

新橋にも小川軒の店舗があることを、嫁はネットで調べて知っていたようでした。

 

嫁に見せられた地図を思い出しながら、新橋駅から徒歩1分ほどでお店に到着。

新橋小川軒

嫁のご希望の品を買い、1つでも荷物が少なくなるよう、宅配便で送る手配をしました。

お土産を確保したので、これで一安心です。

あとはホテルに戻ってスーツから着替え、昨日の焼き鳥屋へ行くだけ(笑)

 

先に一人で焼き鳥屋に行って、他の2人のドクターを誘おうと思った僕は、ホテルで手早く着替えて、お店に向かいました。

 

焼き鳥屋さんに入ると、昨日いたお姉さんが

「また来たの?(笑)」と話しかけてくれたので

「はい、また来ました~(笑)」と大阪のおっちゃんらしく返事。

 

東京のお店の人がお客さんに気軽に声を掛けるパターンは珍しいのですが、さすがサラリーマンの集まる新橋。

中年おっちゃんのあしらい方は上手いです(笑)

 

ーーー続く

 

ケースプレゼンテーション試験当日編(その4)


さすがに昼間のビールは体にこたえたのか、爆睡していたようです。

気が付けば16時過ぎ。

慌てて起き上がって、もう一度スーツを着て、16時半にはホテルサンルート新橋を出発。

 

山手線に1駅乗り、有楽町へ到着。

春に日本顎咬合学会で東京に来た時に、地下鉄のホームに転落防止のゲートがついていて驚いたのですが、山手線にもついてました!

山手線有楽町駅

大阪の環状線にゲートがついてるホームは見たことがないです。

比較的新しい路線、神戸のポートライナーの駅にあるのは知ってますが、

東京は既に走っている既存の駅にまでゲートをつけるんですね。

 

歩いて東京国際フォーラムに到着。

地下2階の会場に行き、自分のケースプレゼンテーション用ポスターを剥がし、受験ドクター仲間2名と落ち合ったのが17時。

本日の作業終了です。

 

3人ともスーツから着替えたいのと、ポスターなどの荷物を置きたいので、一旦ホテルへ戻ることにしました。

普段は白衣が制服で仕事をしている僕たちは、スーツ姿のまま飲みに行くとか考えられないのです。

スーツって、なんとなく制服みたいじゃないですか?

そう思うのは僕だけでしょうか?

 

「昼間はスーツのままビールを飲んでいたじゃないか」と思われるでしょうが、あれは試験終了の解放感からくるノリと勢いです。

どうか、ご容赦下さい(笑)

 

ーーー続く